ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

数量限定!大友克洋が手がけた仙台空港の陶板レリーフ「金華童子・風神雷神」が販売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫


以前、Japaaanで完成をお伝えした仙台空港ターミナルビル1階国際線ロビーに飾られている陶板レリーフ。海外でも人気の高い漫画家・大友克洋氏が原画・監修を行い、熱海のクレアーレ熱海ゆがわら工房さんが陶板レリーフを制作し、3月12日にお披露目されました。

金華童子風神雷神ヲ従エテ波濤ヲ越ユルノ図(キンカドウジフウジンライジンヲシタガエテハトウヲコユルノズ)の陶板レリーフの完成を記念して、この原画を特殊美術印刷にして、作家直筆サイン、エディションナンバーを入れ、オリジナル記念品として限定販売が開始されました。

仙台空港のレリーフのサイズは幅 約8.7m、高さ 約2.8mと巨大ですが、こちらの原画は額寸416×952mm、原画寸法270×758mm。販売価格は129,600円(税込)。完全限定品のため、お一人さま一点限りだそうです。

金華童子の真下に大友先生の直筆サイン入り!

布、差し箱

作品紹介冊子

額裏(エディションナンバー入り)

メカニカルな金魚にまたがった金華童子が風神雷神を従えて波濤を超え、祥雲を招く姿が描かれたこの作品。未来を担う子どもたちが、現代の叡智とともに自然がもつ大いなる力に立ち向かい、困難に対しても勇気を持って前進する姿がイメージされています。

この記念品の収益の一部は東日本大震災復興へ寄付されるそうです。

金華童子プロジェクト

関連記事リンク(外部サイト)

数量限定、アニメ「ワンピース」が木版画に!伝統工芸「石州半紙」とコラボで実現
AKIRAの大友克洋が原画、風神・雷神を描い巨大なパブリックアート壁画がついに完成!
大友克洋の火要鎮も上映!文化庁メディア芸術祭が2月13日から開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP