ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、日本語入力にも対応したキーボードアプリ「Google 手書き入力」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が指で描いた字でテキスト入力できる新たな Android 向けキーボードアプリ「Google 手書き入力」をリリースしました。アプリは Android 4.0.3 以上を搭載した端末で利用できます。対応言語は 82 言語で、日本語にも対応しています。Google 手書き入力は、キーボード上に表示されるキャンバスに指やスタイラスペンで文字を書くと、アプリが形状を認識してテキスト化する手書き入力専用のキーボードです。メイン画面には手描き用のキャンバスが表示されますが、左下の地球型アイコンをタップすると Google 日本語入力に切り替わり、Google 日本語入力でも同様の操作を行うと、本アプリに切り替わります。選択キーボードを変更することなく、いつでも従来のキーボードを利用できる仕組みです。また、Google 手書き入力では、画面右下の顔アイコンをタップすると手書きで認識する対象が絵文字に切り替わり、Google 日本語入力に戻らなくても絵文字を挿入することができます。「Google手書き入力」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
「Huawei P8(GRA_L09)」はFOMAプラスエリアに対応、ドコモ系事業者に投入か?
タカラトミー、スマートフォンも活用できる新世代ベイブレード「ベイブレードバースト」を7月下旬に発売
Xiaomiが出資しているNinebotが電動2輪スクーター「セグウェイ」を買収

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP