ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スポンサー配慮で「ボカシ」トラブル 優木まおみやマツコ遭遇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビには独特のタブーが存在するが、なかでもNHKを除く民放各社が、もっとも気を使うもののひとつは番組にCMを提供する「スポンサー」である。スポンサーへの配慮は、時に番組を不自然に歪ませる。

 今年2月22日、日曜日の昼間に再放送されていたバラエティー番組『笑ってコラえて! 2時間SP直前SP』(日本テレビ系)で、珍事が起きた。番組は14時15分から放送されていたが、開始から45分後の15時を過ぎてから、出演者のひとりであるタレントの優木まおみの顔に、突然ボカシがかかったのだ。

 これには視聴者も驚いたようで、直後からネット上では「何があったのか」との声が上がった。

 実はこれは、彼女が15時からフジテレビの裏番組に出演していたことによる配慮だった。テレビには同時間帯に複数の番組に出演してはならないという「裏カブリ」と呼ばれる不文律がある。これも番組スポンサーへの配慮の一つなのだが、再放送にもかかわらず、その不文律を守るために出演者の顔に途中からボカシがかかるのは、あまりに不自然ではないか。一方、ボカシをかけたことでトラブルになった例も。

 タレントのマツコ・デラックスの司会で2013年10月、ボカシをかけられた人が業界の裏事情を話すというコンセプトで始まった『マツコの日本ボカシ話』(TBS系)は、初回からいきなり生保レディーが「契約を勝ち取る裏テクニック」として「枕営業」などを告白して大きな話題を呼んだ。

 ところが、番組はこの初回限りで終わってしまう。初回放送後に「全編ボカシという表現・演出方法が局の内規に抵触する恐れがある」との理由で休止が発表され、そのまま終了となったのだ。

 ボカシは、報道番組においては必要不可欠な場合にのみ認められるため、バラエティー番組でも準ずるべきだと局側は説明したが、記者会見では、その裏で生保業界から抗議があったことも認めた。テレビ局の大口スポンサーである生保業界を敵に回したことも、異例の打ち切りの背後にはあったようだ。

※SAPIO2015年5月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
スポンサーはTVタブー 過去に乱一世やみのもんた発言が波紋
TV番組制作の自由度 視聴者だけでなく対スポンサーでも低下
『帰れま10』広告主の評判よくTVマン、類似番組期待される

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP