ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

解凍した4年前のタコが吸い付く! ニッポンの漁業を盛り上げる驚異の「鮮度保持技術」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

解凍した4年前のタコが吸い付く! ニッポンの漁業を盛り上げる驚異の「鮮度保持技術」

シンガポールの街角で日本食について聞くと、「スシが好き」と答える人が多い。しかし日本食レストランでは、チリやノルウェー産のサーモンが一番人気。お客も「日本のスシはサーモンが一番ね」と話すという。

つまり日本の漁業は、世界の日本食ブームの恩恵を受けることができていないのだ。2015年4月13日放送の「未来世紀ジパング」(テレビ東京)は、この状況を打破して新鮮な「日本の魚」を世界に発信するため、開発された新技術を伝えた。
「命は消えても、細胞は生きている」

千葉県流山市にあるアビーは、魚を獲った時の鮮度を保ちながら冷凍する技術を持っている。冷凍庫で冷やした4年前のタコを解凍したところ、吸盤に触った指が吸いついてくるほどの鮮度を保っていた。

3か月前のものなら更に新鮮で、指に吸いついた吸盤でタコの足が持ちあがる。アビーの大和田哲男社長は、「生命体としては死んでいるのですが、細胞は生きていることが分かります」と説明した。

秘密は「CAS(キャス)付き冷凍庫」という、凍らせるだけではなく磁力や光・音など8つの力を加える特殊な冷凍方法だという。この技術を視察に訪れたニュージーランドのピザ会社やイタリアの小麦会社の人たちは、一様に驚いていた。

解凍した1年前の岩ガキを試食して、「素晴らしい。完璧」「フレッシュ!」と感嘆。にぎり寿司や具入りの鍋など、料理ができあがった状態で冷凍し、そのまま保存できるようにもなっている。

福岡・小倉では、魚を生の状態で輸送する「ナノ水」という技術を丸福水産が開発し、愛媛や長崎の魚をカナダへ出荷していた。氷水に10分魚をつけ、体内にナノレベルの小さな泡で窒素を送り込むことで鮮度を保つ。カナダの仲卸会社からはLINEで発注が来ていた。

岐阜の富士商工は、魚が生きている状態を長く保つ技術を開発。装置に入れて50分間加圧することで魚を仮眠状態にし、水なしで冷蔵しても生きている。まだ研究段階だが、開発者の永井さんは「この装置を使って海外に販路を広げてもらい、水産業界を維持してほしい」と語る。
東南アジアへの物流体制も確立中

日本経済新聞社・編集委員の後藤康浩氏は、こう解説した。

「日本のように魚を生で食べる習慣の国は世界にあまりないので、日本は魚を生かす技術、新鮮なまま輸送・保存する技術は世界トップと言っていい」

日本から東南アジアへの物流体制も確立した。青森特産のヒラメが朝出発し、翌日の昼には生きたまま香港へ届く。沖縄の那覇空港をハブとして、東南アジアの主要都市までは4時間以内に届くという。

魚は、先進国ではヘルシー志向、途上国では肉よりも安いタンパク源として、世界的には消費量が増加傾向。ただし売っただけでは駄目で、「保存管理や調理も日本式にこだわらないと、かえって日本の魚の名声が落ちてしまう」と後藤氏は釘を刺した。 

番組では、15年前には魚の消費量は日本が世界1位だったが、最新の調査では3位になったと伝えた。今後、日本では減少傾向にある漁業が、他の国へ輸出することで盛り上がっていくことを期待したい。(ライター:okei)

あわせて読みたい:取締役が全員アルバイト出身の居酒屋チェーン「鳥貴族」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。