ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パーシー・スレッジ(74)死去……レッチリのフリーらが追悼コメント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米ビルボード・シングル・チャート“Hot 100”でも1位を記録した名曲「男が女を愛する時(When a Man Loves a Woman)」等でお馴染みのパーシー・スレッジが、長きにわたるがんとの闘病生活の末、4月14日に亡くなった。74歳だった。

 この悲報を受け、多大な影響を受けたミュージシャンや仲間達がR&B/ソウル界を象徴する同シンガーにツイッターで哀悼コメントを捧げている。

 フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシスト):「アイ・ラヴ・パーシー・スレッジ」

 ブーツィー・コリンズ:「またレジェンドがひとりこの世を去った。ファンクの申し子、パーシー・スレッジ氏だ。彼は最も優れたアメリカのR&B/ソウル歌手だった……」

 ダリアス・ラッカー:「我々は今日、伝説を失った。パーシー・スレッジのご家族に祈りを。彼のご冥福をお祈りいたします」

 リリー・アレン:「パーシー・スレッジに拍手」

 ビリー・ブラッグ:「オリジナルでもなく、ベストバージョンでもないかもしれないが、間違いなく決定版だ(Percy Sledge「Dark End of the Street」)。パーシー・スレッジよ、安らかに(https://www.youtube.com/watch?v=Gj3UdRmhgvM)」

 チャーリー・マーフィー:「今世紀における最も偉大なソウル・シンガーのひとりであるパーシー・スレッジよ、安らかに。あなたの声をみんな惜しむだろう」

 ロザンヌ・キャッシュ:「パーシー・スレッジは“男が女を愛する時”の歌唱印税を1円も受け取っていません。議会にFair Play Fair Pay法を通すようかけあおう(http://musicfirstcoalition.org)」

関連記事リンク(外部サイト)

名曲の歌詞の魅力にとことん迫る 『英詞を味わう 洋楽名曲クロニクル』が発売
カーリー・レイ・ジェプセン 最強にキャッチーな新曲「アイ・リアリー・ライク・ユー」が洋楽チャート初の1位に
心地好い春の宵に聴くジミー・クリフのポップでスピリチュアルなライブ。彼のパフォーマンスから元気をもらおう!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP