ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アルバイトの時給を1500円に引き上げろ! 東京・渋谷センター街で「ファストフード世界同時アクション」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファストフード産業に従事する労働者が、公正な賃金を求めて声をあげる「ファストフード世界同時アクション」が15日、世界35カ国以上で開催された。「同時アクション」は、昨年に続いて2回目。首都圏青年ユニオンなどからなる東京実行委員会が、東京・渋谷で活動を呼びかけた。
「働きすぎの時代はもう終わりだ!」と声あげる

スタート地点は、渋谷センター街入口。マクドナルドのキャラクターのドナルドに扮したり、すき家の丼ぶりの被り物をした参加者に、道行く人は好奇の目を向けて写真を撮っていた。「これは何のイベントなんですか?」と尋ねられる場面も。

参加者は活動の趣旨を説明し、「時給¥1500円、これが常識」「働きすぎはもう終わりだ」と書かれた特製ステッカーを配布し、こう訴えた。

「この様子を写真や動画を撮って、SNSで拡散してください!」
「みなさんの時給はいくらですか? これくらい(1500円)欲しいと思いませんか?」

パフォーマンスの山場は、マクドナルド渋谷センター街店前での呼びかけ。横断幕を広げ、全員で「働きすぎの時代はもう終わりだ!」「時給1500円、これが常識だ!」と声をあげた。

アクションに参加した藤川里恵さんは今春大学を卒業し、フルタイムのアルバイトで生活中。職場は新宿で、時給は890円。週に約5日、8時間働いているものの、家賃と光熱費を支払うと手元に残るのは1~2万円。さらにそこから食費を捻出しているという。
ツイッターには賛否の声

現行の最低賃金では、都心部でフルタイム勤務したとしても年収200万円未満のワーキング・プアとなってしまう。主催者によれば、英国や米国、ドイツでは最低賃金が見直されつつあり、日本も遅れを取るわけにはいかない、という訴えだ。

米マクドナルドは人材確保の競争激化を背景に、今年7月から直営店の賃金を少なくとも地元の最低賃金より1ドル上回る水準に引き上げ、アルバイトにも有給休暇を付与すると発表している。

ツイッターには、「#FastFoodGlobal」や「#FightFor15」(時給15ドル=約1800円)「‪#‎wageaction‬」といったハッシュタグで、欧米を含む活動の画像や動画が多数アップされた。

ネットユーザーからは「すごい!盛り上がってますね」「面白そう」と賛同する声がある一方で、「まさに『マックジョブ』やないか。高い給料には付加価値が必要と誰か教えてあげて」「嫌ならやめて、自分で時給1500円以上の仕事をGETすればいいだけなんでは?」など活動を冷ややかに見る声もある。

あわせてよみたい:38歳ワープア男性「トリプルワークで心身ともに疲弊」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP