体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

強力な美白効果。「ハイドロキノンの全顔塗り」を試してみた

生活・趣味

150414bihaku.jpg
以前の記事で、ハイドロキノンの一般的な使いかた(シミの気になるところにピンポイントで塗布)をご紹介しました。
ネットで調べたところ、どうやら肌が強い人に限っては、顔全体に薄く塗布する方法もありだという情報をキャッチ! そこで、ハイドロキノンの全顔塗りを試してみました。

使用は「夜」だけ!

ハイドロキノンは日光にあたると逆にシミを濃くしてしまうため、夜だけの使用が鉄則
夜の入浴後に化粧水で肌を整えた後に顔全体に塗布します。もっさりとした感触でにおい(パーマ液のようなにおい)もきついですが、そのまま就寝。
翌朝は昨晩のもっさり感はなくなり、逆に肌がモチモチしています。

1~2週間で肌トーンがアップ

前回ポイント使いしたときは、1~2週間ほど赤みが出たのですが、今回は肌トラブルもなく、いたって普通の状態。
1週間を過ぎたあたりから徐々に効果が現れてきました。
肌トーンが全体的にUPしたのがはっきりとわかるくらいになり、それと同時に肌のキメが細かく、とにかくつるつるに。くすみも全体的に薄くなっているのが実感できました。この結果には大満足!

美白効果は抜群だけどリスクに注意

肌の弱い人は赤みが強くでたり、刺激を感じることもあるそう。
また今回の全顔塗りですが、肌が明るくなるからといって長期的に継続すると、今度は逆に肌が不自然に白く中抜きされることもあるようです。
美白コスメとして近年注目され続けるハイドロキノンですが、なんといっても医薬品。使用する場合は必ず病院で診察を受けてください。
sun image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
若返りホルモンがダブルで分泌! 「スクワット」は究極の美容法
きちんと、でも華やかな第一印象を残せるまとめ髪アレンジ
最高にかわいく写る♡ 「寝起き自撮り」のススメ

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会