体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MIYAVI『The Others』インタビュー

img146_1

昨年LAに拠点を移し、またもや更新された、MIYAVIの新次元。MIYAVIのニューアルバム『The Others』は、プロデューサーにグラミー受賞チームであるドリュー&シャノンを迎え、彼らのホームであるナッシュビルに渡り刺激的なセッションによって作り上げられた。MIYAVIは本作でギターをテレキャスターに持ち替え、専売特許であるスラップ奏法を“必然的に”抑えている。そして、楽曲全体がリズムであり、グルーヴであり、歌であるという境地を開拓した。それでもMIYAVIは“まったくもって満足してないよ”と言う。とめどなく上昇する男の今を、ストレートな言葉で語ってもらった。

 

——また飛躍的な更新を果たしたね。手応えはどうですか?

MIYAVI「アルバム? いや、まだまだ満足してないよ」

——してないんだ。

MIYAVI「うん、天の邪鬼な言い方に聞こえるかもしれないけど、ホントに満足してない。もちろん今のMIYAVIがやれること100%、すべてを詰め込んだアルバムであることに変わりはないんだけど、この作品を通して得たことや学んだことがあまりにデカくって」

——次に向けた目線が上がったからこそ、現時点に満足できない。

MIYAVI「そうだね。もう次しか見てない。あのね、去年はホントに日本に帰ってこようかなと思ってくらい」

——しんどくて?

MIYAVI「そう。苦しくて。キャパシティをオーバーしすぎてたんだろうね」

——制作が?

MIYAVI「いや、もう、すべて」

——生活面でも?

MIYAVI「そう、すべてにおいて。去年、四度目のワールドツアーを終えてLAに拠点を移したんだけど、住むところも娘の学校も決めなきゃいけないし、実際に現地に行くまでの準備と実際に生活を始めたプロセスが慌ただしすぎて。ちょうどそのころはジャム&ルイス(2014年9月にリリースされたシングル「Real?」のプロデューサー)と音源を制作しながら、方や映画(MIYAVIが出演したアンジェリーナ・ジョリー監督『アンブロークン』)のプロモーションでヨーロッパやニューヨークに飛んだりして」

——また映画の内容とMIYAVIの役柄的にも、しっかり公の場で、自分の言葉でこの映画に出る意味を伝えなきゃいけなかっただろうし。

MIYAVI「うん、そうだね。責任が大きかった。それと平行して夏はフジロックで帰国したり、スイスのモントルー・ジャズ・フェスティバルに出たり、とにかくいっぱいいっぱいだった。でも、それを求めたのは実際、俺自身なんだよね。それでもやっぱりキツかった、物理的に。音源制作においても英語のニュアンスとか進行に関して慣れない部分も多かったしね」

150317 0943

 

——このアルバムの制作に入る流れはどういう感じだったんですか?

MIYAVI「各国で開催された映画のプレミア上映が終わったのが去年の12月で。紅白(歌合戦)でSMAPさんとのパフォーマンスのために年末に帰国して。そのタイミングで色々と神社にお詣りできたり、自分なりに映画のことも含めてやっと整理がついたんだよね。で、年始の便でロスに帰って、そのままナッシュビルに飛んでこのアルバムの制作に入った感じかな。そこでやっと自分がミュージシャンとしてクリエイティブなモードにフォーカスできた気がする」

——それこそ「Let Go」なんて自分自身を鼓舞するような曲で。

MIYAVI「うん、そうだね。アルバムの曲は全部そうだけどね」

——ドリュー&シャノンにプロデュースを依頼した経緯は?

MIYAVI「ペダルスティールのギタリスト、ロバード・ランドルフが好きでさ。たまたまアメリカのマネージャーとその話をしてたら、彼が昔マネージメントしてて、俺が好きなロバードの曲をプロデュースしたドリュー&シャノンも紹介しようと思ってたって言うわけ。だったら『是非!』ってなるでしょ。それで去年の8月に3日間だけナッシュビルに行ったの。向こうで初めてセッションして、もう、ぶっ飛んだね」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。