ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【世界の知恵袋】靴下の中に「玉ねぎ」を入れて眠るだけで、体が劇的に改善される!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東洋医学では昔から「足の裏」は全身の臓器につながっていると言われています。ツボを刺激することで、臓器の健康にアプローチできるとされてきました。

そんな足の裏の仕組みに注目した、ユニークな健康法がHealthy Wild And Freedeで紹介され、話題になっているのです。

スライスした玉ねぎを、
靴下の中に入れて寝るだけ!

気になる方法は、シンプル。玉ねぎ(無農薬が望ましい)をスライスし、足の裏にあたるように靴下の中に入れて寝るというものです。

たったそれだけで、体の内部から健康になり、足の臭いの防止にも効果的なんだとか。

玉ねぎには疲労回復、血行促進、血液浄化、免疫力強化、生活習慣病の予防といった効果が期待されている上、足の臭いの根源であるバクテリアを殺す役割も果たしてくれます。さらには、部屋の空気を綺麗にしてくれるというメリットまで・・・。

足の裏に玉ねぎを入れて眠ることの効果をまとめると、

1.血液がサラサラに

玉ねぎに含まれるリン酸が、血液をサラサラにして血糖値やコレステロール値を下げてくれます。

2.足の臭いがなくなる

足の臭いの原因となる雑菌・バクテリアを殺してくれます。

3.部屋の空気をキレイにしてくれる!

朝起きた時の、気になる臭いまでなくなります。(イギリスでは玉ねぎを寝室や台所に置くことで、病気にならないと言われるほど!)

 

健康にはもちろんですが、汗ばむ日が増え、足の臭いが気になるこれからの季節には最適かもしれません。

手軽に行えるので、一度試してみる価値はありそうです。

Licensed material used with permission by healthywildandfree,facebook

関連記事リンク(外部サイト)

危険すぎ・・・。アナタが、今すぐスマホ依存性から抜け出すべき「11の理由」
殺人事件より、死亡率が高い「肥満」。料理人ジェイミー・オリバーが語る「食育の大切さ」
【科学的に証明】一緒にいるだけで、健康で幸せになれる!あなたがネコと暮らすべき「13のワケ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP