ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハドソン・モホーク——カニエの右腕とも称される男、ニュー・アルバムから楽曲が!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月16日にリリースとなる6年振りのハドソン・モホークの待望の最新アルバム『LANTERN』からフロア熱狂間違いなしの新曲「RYDERZ」が、UKの人気FM局の番組を通じて公表された。

これまでにカニエ・ウェストのレーベル〈GOOD Music〉とプロデューサー契約を経て、プロデューサーとしてカニエ・ウェスト、先日のコーチャラでマドンナのキス攻撃(?)にあったドレイク、ジョン・レジェンド、R・ケリー、ビッグ・ショーン、2チェインズ、プシャ・T、リック・ロス、フレンチ・モンタナ、フューチャー、ヤング・サグ、トラヴィス・スコットなどUSメインストリームのツワモノをプロデュースし、もほやその人気はワールドワイド・レベルとなったアーティストと言えるだろう。

新作はもちろん彼を世に送り出した〈WARP〉からのリリースとなる。

先週末にベース・ミュージック・シーンを作り出した、とも言えるロンドンの人気ラジオ局Rinse FMで2時間に渡ってステーション・ジャックを敢行し、サーバーがダウンするほどの熱狂ぶりが話題になった。番組中盤には、待望の最新アルバム『Lantern』から新曲「Ryderz」をプレイ、放送された音源がそのまま公開された。

彼らしい、グライム的なシンセとUSトラップなどをクロスオーヴァーさせたトラック、そしてなによりも光る D.J. Rogersの1973年のR&B「Watch Out for the Riders」のサンプル!

アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズのアントニー・ヘガティ、LAを代表するR&Bシンガーのミゲル、ドレイクやケンドリック・ラマーとの共演で知られ、今年グラミー賞ノミネートも果たした女性R&Bシンガー、ジェネイ・アイコらがヴォーカリストとして参加している6月16日リリースの『Lantern』。これはいまから楽しみです。

OTOTOYからも配信予定。ハイレゾはいまのところ未定ですが〈WARP〉の音源はこれまでほぼハイレゾ・リリースされているので……。
(河村)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP