ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BCリーグの選手兼任監督・フランコ 状況に応じて先発も視野

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 グリップを頭上に掲げ、バットの先端を投手に向ける独特なバッティングフォーム──。ロッテの助っ人外国人として野球ファンに鮮烈な記憶を残したあの男が帰ってきた。4月11日に開幕した『ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)』の石川ミリオンスターズで、今シーズンから監督を務めているのがフリオ・フランコ(56)である。

 BCリーグは北陸・信越・北関東・東北を活動地域とする8球団の独立リーグ。フランコが指揮をとる石川は、これまで優勝4回を数える強豪チームだ。

「日本で監督をするのは、ひとつのチャレンジ。金沢は落ち着いたいい街だと思う。少し寒くて野球をするには完璧な場所ではないが、私が住むニューヨークに比べれば暖かいし、たくさん着込めば大丈夫(笑い)。ぜひ優勝したい」

 そう語るフランコは、メジャーでプレーした23年間で打率2割9分8厘、173本塁打、1194打点の通算記録を残した超一流選手。米国、日本以外にメキシコや韓国でもプレー経験がある。2008年の現役引退後は、2012年にメキシカンリーグで監督を務めたのを皮切りに、指導者の道を歩んできた。昨年5月には米独立リーグで選手兼任コーチに就任し、55歳で6年ぶりとなる現役復帰もはたしている。

 メジャーで史上最年長本塁打(48歳)を放つなど、これまで「史上最年長」を冠する記録の多くを塗り替えてきたフランコ。もちろん、石川でも選手登録されており、11日の開幕戦では9回に代打で出場し、犠牲フライを放っている。

「選手兼任はチームでも自分でもなく、神が決めたことだよ(笑い)。プレーし続けることを神が許してくれるなら、いつまでもプレーし続けたいと思う。どのような形で出場するかは決めていないが、状況に応じて必要な時がきたら出るつもり。先発? その可能性もあると思うよ」

 56歳の飽くなき情熱が、北陸の地に新たな伝説を生むかもしれない。

取材・文■鵜飼克郎
撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年4月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ドミニカ人のフランコ「俺は野球漬け生活を望み日本行った」
ラグビー 外国人選手日本集結は試合少ない割に年俸よいため
韓国人 本田のJリーグへの発言受け「韓国へおいで」と絶賛

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP