ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カーリー・レイ・ジェプセン 最強にキャッチーな新曲「アイ・リアリー・ライク・ユー」が洋楽チャート初の1位に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
カーリー・レイ・ジェプセン 最強にキャッチーな新曲「アイ・リアリー・ライク・ユー」が洋楽チャート初の1位に

 カーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」が、Billboard JAPAN洋楽チャート初の1位に輝いた。

 チャートイン6週目にして初のNo.1を獲得したカーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」。エアプレイ・チャートでは先週8位からTOP5圏内にランクを上げ、依然と好調なデジタル・セールスを受け、今週晴れて1位となったこの曲。先週末からは、この曲とニュー・アルバムのプロモーションの為に来日しており、ラジオ媒体や『スッキリ!!』への生出演などのメディア露出が急激に増えたことで、来週はさらにポイントを伸ばしてくることが予想される。また、ジャスティン・ビーバーやアリアナ・グランデなどの超豪華布陣が参加した “口パク”映像が公開されたことで、来日効果とともにツイッター・ポイントにも拍車をかけそうだ。

 残念ながら首位キープならずとなったマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」は今週2位に。ラジオでのエアプレイが落ち着き、上位をキープしていたエアプレイ・チャートで下降し始めたことが要因となりランクダウンとなったが、全米No.1最長歴代記録を更新間近のアメリカでのチャート・アクションが大きな話題となっており、ツイッター・ポイントは蓄積し続けている。先週15位から大幅にジャンプアップしたザ・スクリプトの「スーパーヒーローズ」は、最新アルバム『ノー・サウンド・ウィズアウト・サイレンス』の4月15日リリースに伴い、大量のエアプレイ・ポイントを稼ぎ、今週4位に。また、12位にはブラーの「ロンサム・ストリート」、14位にはマデオンの「ペイ・ノー・マインド feat.パッション・ピット」、そして15位にはアフター・ロミオの「トーキョー・2・LA」と今後注目のナンバーも数多く初エントリーを果たしている。

関連記事リンク(外部サイト)

4月20日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
カーリー・レイ・ジェプセン、『スッキリ!!』生出演決定、新曲とアルバムのプロモーションの為来日中
カーリー・レイ・ジェプセン、古き良き透明感のある新曲バラードを公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。