ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NASA開発プログラムで脳トレ!ウェアラブルメガネ「Narbis」が面白そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

さまざまなウェアラブルデバイスが登場しているが、今回紹介する「Narbis」は、着眼点が面白い。センサーを使って、ニューロフィードバック(脳波を活用した脳トレーニングの一種)で脳をトレーニングし、集中力や記憶力を向上させるという。

・3つのセンサーが脳の活動をモニター

「Narbis」を使うには、ユーザーはBluetooth通信機能付きのアームバンドを腕に巻き付け、メガネをかける。このデバイスには3つのセンサーが搭載されていて、メガネのそれぞれのアームの先端部分と、頭の上に装着する部分に分かれている。これらのセンサー部分には小さいゴールドピンが設置されていて、装着者の肌と接触しており、これが脳の活動をモニターする。

・スマートフォンの専用アプリを用意

ユーザーはスマートフォンで専用のアプリを起動し、Bluetoothでデバイス本体と接続。専用アプリにはNASAが開発したトレーニングプログラムが採用されている。これは元々宇宙飛行士の注意力のレベルを測定し、脳の特定分野のトレーニングをおこなうもの。“集中”“行動”“睡眠”“心の平静”“気分”の5つのトレーニングが用意されている。

・脳の活動に対し、意識が鋭敏に

センサーはユーザーの脳波を計測し、シグナルがメガネに送信される。ユーザーの注意が散漫になると、メガネのレンズ部分が暗くなり、反対に集中が増すと、視界がクリアになる。これによって脳の活動に対する意識がより敏感になり、ユーザーの気づきが強化されるという仕組み。

・30分のトレーニングを週2回

チームとしては、週に2回、30分のトレーニングセッションを実施すること、また10回のトレーニング完了後に結果をチェックすることを推奨している。

・Kickstarterでキャンペーン開催中

現在、資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを開催しており、プレオーダーを受付中。提供開始は12月を予定している。あなたも、最新ウェアラブルで脳トレをして、パフォーマンスの向上に取り組んでみては。

Narbis

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。