ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

虫歯予防の「唾液力」を上げるコツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ビジネスマンにとって、歯の黄ばみや口臭対策は必須。口臭の原因になる歯周病や虫歯を予防するためにも、歯磨きは欠かせない。しかし、実はもうひとつ大切な要素があるのをご存じだろうか?

【もっと大きな画像や図表を見る】

「歯や口内の清潔さを保つためには、歯ブラシでの清掃だけでは十分といえません。病気の予防には、歯磨きに加えて、良質な唾液を分泌させることも必要です」

そう教えてくれたのは、医療法人社団誠敬会 誠敬会クリニック内科・歯科の田中真喜先生。虫歯や歯周病の予防に唾液が必要ってどういうこと?

「唾液には、粘膜保護作用・再石灰化作用など歯や歯茎、粘膜を守る働きのほか、咀嚼(そしゃく)・嚥下(えんげ)・発声など食事や会話を潤滑に行うための様々な働きがあります。特にオーラルケア(口内の清潔さを保つ手入れ)においては、口腔内を洗い流す『自浄作用』、細菌に抵抗する『抗菌作用』といった唾液の働きが重要になります。汚れを落とすだけでなく、唾液の分泌を促す磨き方を心がけることで、虫歯や歯周病の発症率は軽減されます」

では、“唾液の分泌を促す磨き方”とはどのような磨き方なのでしょうか?

「耳の下前あたりに『耳下腺』という唾液腺があり、そこを刺激することで唾液の分泌が促されます。歯磨きの際には、上の奥歯から磨き始め、歯ブラシの背で頬の内側の粘膜に軽く刺激を与えると、唾液分泌を促すことができます」

軽く頬の内側に触れるだけでいいのか。…といっても、歯を磨きながら唾液も分泌させるのは難しそう。

「確かに、少しテクニックがいるかもしれません。その点、電動歯ブラシであれば、細かな振動が自然と頬粘膜を刺激するため、唾液の分泌にいい影響を与えてくれます」

でも、唾液を分泌させる以前に、電動歯ブラシで歯を磨くのが苦手な人もいるようですが…。

「適切な当て方でブラッシングを行えば、効率よく歯垢を除去できます。慣れてきたら、家事などを行いつつ歯を磨く“ながら磨き”もでき、時間を有効活用できますよ。ただし、電動歯ブラシすべてに高い清掃効果が期待できるわけではありません。安価なものだと清掃能力が低く、歯茎を傷つけてしまうことも。歯垢除去力が高い音波振動式電動歯ブラシがおすすめです」

電動歯ブラシだったら何でもいいわけではないのか。田中先生もおすすめの音波振動式電動歯ブラシで、特に注目したいのがフィリップスのソニッケアーだ。

ソニッケアーは口内の唾液を活用した音波水流を発生させ、歯間や奥歯の歯垢を除去。さらにコーヒーやタバコで付いた着色汚れも減少させ、自然な白い歯に近づける。また、手で磨くよりも圧がかかりにくいため、歯や歯茎への負担が少ない。

そんなソニッケアーの中でも、スタイリッシュなデザインでデキる男を演出できるのが「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン」。振動が細かく音も小さいため、初めてでも使いやすいはずだ。また、清潔感ある定番のホワイトモデルだけでなく、大人の雰囲気をかもし出すブラックモデルもあり、好みに合わせて選べるようになっている。唾液を分泌させ、口臭や歯の黄ばみを予防するためにも、電動歯ブラシを活用してみては?
(R25編集部)

虫歯予防の「唾液力」を上げるコツはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。