ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソウル・シンガーのパーシー・スレッジが肝がんで死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソウル・シンガーのパーシー・スレッジが肝がんで死去

posted by 洋楽天国

ソウル・シンガーのパーシー・スレッジが肝がんで死去

「男が女を愛するとき」の大ヒットを持つソウル・シンガーのパーシー・スレッジが14日、ルイジアナ州バトン・ルージュの自宅で亡くなった。73歳だった。肝がんを患っていた。

1966年5月、初めてのシングル「男が女を愛するとき」がビルボード・シングル・チャートの1位になった。曲を録音していた頃は病院の付添人の仕事をしていた。フレッド・ロビンソン著「ビルボード・ナンバー1・ヒット」によれば、パーシー・スレッジはエスクワイヤーズ・コンボというグループのボーカルで、地元のクラブで歌っていた。ある夜、レパートリーにしていたビートルズやスモーキー・ロビンソンの曲が歌えなくなった。そこでベースのキャメロン・ルイスとオルガンのアンドリュー・ライトに、どんなキーでもいいから何か演奏してくれと頼んだ。それに合わせて即興で詞を作り歌った。その後友達のDJクイン・アイヴィーに聴かせたら、アトランティック・レコードを紹介される事になる。

ちなみに、「男が女を愛するとき」が1位になった1966年5月28日付のビルボード・シングル・チャートのベスト5は以下だ。

1位) パーシー・スレッジ「男が女を愛するとき」

2位) マインドベンダーズ「グルービー・カインド・オブ・ラブ」

3位) ママス&パパス「マンデー、マンデー」

4位) ローリング・ストーンズ「黒くぬれ」

5位) ボブ・ディラン「雨の日の女」

余談が2つ。73歳という事になっているが、音楽誌ローリング・ストーンによれば、パーシーのマネージャーは、73歳ではなく74歳だとコメントした。

亡くなった町バトン・ルージュは、クリス・クリストファーソンが書いてジャニス・ジョプリンが歌い大ヒットした「ミー・アンド・ボビー・マギー」の頭に出てくる。「疲れ切って、バトン・ルージュで汽車を待っていた」

記事提供元

洋楽天国

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。