ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

5月1日~mineoデータ通信量増、高速データ通信量節約アプリも

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

5月1日~mineoデータ通信量増、高速データ通信量節約アプリもau(KDDI)の通信網を使うケイ・オプティコムの提供する格安SIM「mineo」が、とても安価なプランを発表し、また、一部現行プランの通信量を増量。さらに低速通信に自分で切り替えられる高速データ通信量節約アプリ「mineoスイッチ」を提供すると発表しました。
 
新プランと基本データ量の見直し
mineoが今回発表した新プランや、基本データ量の見直しは以下のとおり。

・シングルタイプ/デュアルタイプ500MB新設(6月1日コース新設予定)
・シングルタイプ/デュアルタイプ2GBを3GBへ50%増量(5月1日増量予定)
・シングルタイプ/デュアルタイプ4GBを5GBへ25%増量(5月1日増量予定)

シングルタイプ/デュアルタイプ1GBはそのままです。

基本データ容量 契約プラン料金
シングルタイプ デュアルタイプ
500MB/月 756円 1,415円
1GB/月 918円 1,577円
2GB/月→3GB/月 1,058円 1,717円
4GB/月→5GB/月 1,706円 2,365円

※シングルタイプ/デュアルタイプ500MBは6月1日(月)新設予定
※2GB、4GBコースの増量は5月1日(金)から

シングルタイプはデータ通信専用プラン、デュアルタイプは音声通話もできるプランとなります。

注目は756円で500MB使えるプランの新設です。例えば自宅や職場でWi-Fiを使い、移動中にはSNSのチェック程度あれば、より安価な月間500MBまでのプランが合っているかもしれません。

mineoのプレスリリースによると、「あまりデータ容量を使わないお客様でも、沢山使うお客様でも、より“ぴったり”な基本データ容量」を提供するとあり、この「ぴったり」が500MBプランの新設に繋がったといえます。

対して2GBプランや4GBプランのデータ量増量は、今春のNTTドコモ通信網を使う格安SIM(MVNO)でのデータ量増量に対抗したものと思われます。

NTTドコモ通信網を使ったプラン改定については「どこが一番お得?格安SIM 春の増量まつり」で詳しく触れています。

こちらは、価格据え置きのままデータ量のみ増量となっているため、現在2GBや4GBのプランを契約している人はよりリッチに使っても良さそうですね!

高速データ通信量節約アプリ「mineoスイッチ」提供開始!
IIJ mioやOCN モバイル ONEから提供されている、高速データ通信のオンオフ機能がついたアプリがmineoからも登場します。その名も「mineoスイッチ」。対象はAndroidとiPhoneで、6月1日(月)より提供開始予定です。
※システムの開発状況により、提供開始日が遅れる場合あり

SNSや文字メールの送受信など高速データ通信が必要ない場合は、高速データ通信をオフにすることで通信量を節約できます。通信速度こそ最大200Kbpsと遅くなりますが、500MBや1GBといった高速データ通信量の少ないプランを契約している人は、このアプリを賢く使うことでより有意義な使い方ができそうです。

また、これまではマイページにログインして確認していた高速データ通信の残容量確認も、アプリからできる予定。「高速通信オン/オフ」「データ残量明細確認」の2機能により、より細やかなデータ通信の節約ができるのではないでしょうか。

格安SIMをより賢く、より節約できるプランの新設やアプリの提供により、mineoはもっと進化していきそうですね。

(文:布施 繁樹)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。