ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デキる人は知っている!円満な人間関係を築く「10のポイント」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

150302_trigger-phrase-vol-5
本田直之

本田 直之

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長

一年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなど旅しながら仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。明治大学商学部産業経営学科卒業。アメリカ国際経営大学院サンダーバード校経営学修士(MBA)。(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー。著書には、ベストセラーとなったレバレッジシリーズ(東洋経済新報社)、『LESS IS MORE 自由に生きるために、幸せについて考えてみた』(ダイヤモンド社)、『ゆるい生き方 〜ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣〜』(大和書房)、『本田直之のハワイを極める50の法則』(エイ出版社) など、累計250万部を超える。

言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『トリガー・フレーズ 自分にスイッチを入れる170の言葉』は、そんな、自ら動き出すきっかけとなるようなコトバを集めた書籍だ。

Vol.5では「コントリビューションの言葉」から、人脈づくりについてのトリガー・フレーズをピックアップ。

自分をコントロールし、マネジメントできるようになれば、あなたの人生の質も変わっていく。

01.

人と会うのも勉強であり
いろいろな人とのつながりが
できるであろう未来に
投資することである

triggerphrase

人と会う時間は、浪費ではなく投資。積極的に人脈を広げ、意見交換をしよう。出会いが、アイデアを思いつくきっかけになり、ビジネスチャンスにつながることは少なくない。

02.

誰を知っているか

ではなく

誰に知られているか

いざというときに頼れる人をキープしている状態を人脈というのではない。目指すべきは、自分が頼るより、むしろ頼られるような関係。そのためには相手のために何ができるかを常に考えておくこと。

03.

「今度」「近いうち」
永遠に来ない

triggerphrase

せっかく縁あって知り合った人とは、「そのうち」ではなく、できるだけ早く親しくなろう。「また今度連絡します」と言って別れてしまうのではなく、知り合った場で次に会う約束をし、スケジュールに入れてしまうのがコツ。人との縁は、タイミングによって大きく左右されるもの。

04.

自己紹介は時間のムダ

「初対面であれば、自己紹介は不可欠」これは果たして真実だろうか?会うことが決まっている相手なら、事前にお互いのプロフィールを知らせ合っておけば、自己紹介は必要なし。会ってすぐにコントリビューションし合うこともできる。そのためにはTwitterやFacebook、、ブログを活用しよう。プロフィールをまとめたカードなど、自分のことを知ってもらうツールを用意しておくといいだろう。

05.

「この人何かおもしろそうだな」
「会ってみたいな」
思ってもらえるような
プロフィールが必要

triggerphrase

「人脈を作りたい、広げたい」と思うなら、会ったことのない人に関心を持ってもらえるようなプロフィールを持つこと。自分ができること、関心があること、知っていることなどを思い浮かべてみよう。うまくリストアップできない場合は、何が足りないのかを考える。そして魅力的なプロフィールのために自己投資することだ。

06.

人との会話は
「10対90」で聞き役に回れ

求めていない情報をいくらアウトプットしても、単にうっとうしがられるだけ。まずは相手の話をよく聞いて。どういう情報を欲しいと思っているのか、どんなことに関心があるのかをしっかりと把握すること。こちらから話をするのは、それからだ。

07.

人間は楽しいから笑うのではなく
笑うから楽しくなる

triggerphrase

泣くから悲しくなり、笑うから楽しくなる。それなら大いに笑おう。笑える話を意識していれば、自然と楽しいエピソードが集まる。そのエピソードを披露すれば、周りの人も楽しくなる。

08.

人と会うなら

「ホーム」に呼び込め

自分が慣れていない場所は、行くだけで緊張してしまうもの。誰かと会うときはなおさらだ。相手が場所にこだわらないなら、自分がよく知った「ホーム」で会うべきだ。初めて入る店より、味もサービスもよく分かった店を選ぼう。仕事の話をするなら、自分のオフィスに来てもらうのもいいだろう。

09.

2次会には行かない

triggerphrase

不確かな要素が多い2次会には、基本的に参加しないことにしよう。始まる時間、終わる時間、予算、場所。すべてが流動的なので、ダラダラしてしまうからだ。妥協してサービスの悪い店に入り、意義のない時間を過ごす。これはあまりにロスの多いやり方だ。

10.

「ぺらぺらで完璧な英語」は、
もはや世界の主流とはいえない

世界を見渡すと、英語のネイティブスピーカーは少数派。シンガポール風邪の英語スペインなまりの英語。インドアクセントの英語。「少数派の高レベル」を目指すより現実に目を向けて、身構えずに、いろいろな人と話してみよう。

triggerphrase

関連記事リンク(外部サイト)

幸せになるために。今すぐ追いかけるのをやめるべき「10のコト」
勉強はデキないけど、めちゃスゲーやつ!おバカな「友達」を大切にするべき「10の理由」
「プロジェリア症候群」のサム・バーンズさんが語った、豊かな人生を送るための「3つのコツ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。