ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

浄土宗 浄土真宗が徹底・発展させたとの教科書記述に反論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「南無阿弥陀仏」と一心に唱えれば極楽浄土に往生できるという「専修念仏」を説いた浄土宗の宗祖・法然と、その弟子であり、悪人こそ救われる「悪人正機」を説いた浄土真宗の宗祖である親鸞。この師弟の思想を紹介する高校倫理の教科書に「不適切な記述」がある──浄土宗がそう主張し波紋を広げている。

 浄土宗が問題視するのは、2人の教えの関係性を説明する記述だ。昨年度に使われた高校倫理の教科書6社(清水書院、実教出版、数研出版、第一学習社、東京書籍、山川出版社)7冊のうち6冊が、親鸞が法然の教えを「徹底させた」、もしくは「発展させた」と表現していた。

 具体例は以下の通りだ。

〈法然の教えをさらに徹底したのが浄土真宗を開いた弟子の親鸞である〉(東京書籍)
〈親鸞は、師の法然の教えを継承し発展させた〉(第一学習社)

 この記述に浄土宗の僧侶が反発した。昨年10月、京都で開かれた浄土宗の定期宗議会で、大阪教区の僧侶議員がこんな声を上げた。

「教科書の『徹底』という記述は、法然上人の教えを一歩進めたのが親鸞聖人であり、あたかも法然上人が未完成で不徹底だったとの印象を与えかねない。これでは教科書を読む高校生に先入観を植え付け、将来の信仰にも影響を与えかねない。宗派の見解を問いたい」

 それに対し、浄土宗の山本正廣・教学局長が記述に偏りがあることを認め、適切な広報活動を約束した。

 本誌の取材に対し、山本氏は書面で次のように回答した。

「現在、『法然上人の教科書記述研究』という対応プロジェクトの準備を整え、また浄土宗の広報、発信力の弱さが今般の一要因ではないかと反省し、教科書の記述がバランスのとれたもの、すなわち教育基本法第15条(編集部注・後述)を尊重された記述になることを願い、『存在感のある浄土宗』を目指していくことが今後の対応でもあるかと存じます」

「徹底」という記述自体は、今に始まったことではない。

 教科書出版の最大手・東京書籍によれば、同社は確認できる限りで70年発行の「倫理・社会」の教科書から親鸞が法然の思想を「徹底した」との表現を続けている。また、『新選日本史B』など倫理以外の教科書でも、「さらに徹底させ」との表現を用いている。

 ではなぜ、今になって浄土宗が問題視するのか。宗教問題に詳しいジャーナリストが解説する。

「今回の騒動の発端は、私立中学・高校の講師経験があり、浄土宗の僧侶で大正大学教授を務める林田康順氏が13年に論文を書き、それをもとに『教科書の「法然上人と親鸞聖人」―許容しがたい教義解釈』と題する文章を宗教専門紙に掲載したことです。法然を親鸞の“下”に位置付けるような教科書の記述について、『到底許容しがたい』と批判した一文が浄土宗関係者の話題となり、昨秋の抗議につながりました」

 その林田氏に話を聞いた。

「どちらの宗教が格上か対立するつもりはなく、ただ平等に扱ってほしい。どの教団も自らの教義の優位性を説くのは当然ですが、公教育の場で用いられる教科書の役割を鑑みた時に、浄土真宗を優位とするような現行の記述は浄土宗の立場としては許容できません」

 教育基本法第15条は、「国及び地方公共団体が設置する学校は、特定の宗教のための宗教教育その他宗教的活動をしてはならない」と定める。林田氏は、浄土真宗が浄土宗より優れたものと読みとれる問題の記述が法律に違反しているとの見解を示している。

※週刊ポスト2015年4月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
国語教科書に特定作品が掲載される背景や問題点を指摘した本
流刑後も平然と布教した法然 妻子を持ち肉を食した親鸞
人気現代文講師が教科書で論理力・読解力を鍛える方法説く本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP