ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

〈HOBO CONNECTION 2015〉チャボと奇妙がRCを歌うスペシャルな夜でスタート-OTOTOYライヴレポ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
〈HOBO CONNECTION 2015〉チャボと奇妙がRCを歌うスペシャルな夜でスタート-OTOTOYライヴレポ

4月5日(日)、ピアノマン・リクオがオーガナイザーを務めるライヴ・イベント〈HOBO CONNECTION 2015〉のスペシャル版「下北沢~HOBO SPECIAL~」が下北沢GARDENでおこなわれた。

例年、〈HOBO CONNECTION〉のハイライトとして多くのゲストを集めておこなわれる「HOBO SPECIAL」だが、今年は初日からいきなり開催。リクオ with HOBO HOUSE BAND(ドラム・椎野恭一 / ベース・寺岡信芳)、奇妙礼太郎、金子マリ、そして今年大きな話題となっているのが仲井戸”CHABO” 麗市の参加。これまでもイベントに出演してきたチャボだが、今回は9公演中6公演に参加することで、さまざまなミュージシャンとの共演が期待される。

あいにくの雨模様にも関わらず大勢の人が詰めかけた下北沢GARDEN。開演時間ちょうど、リクオがステージへ上がり“ホーボーコネクション、ホーボースペシャルへようこそ!長い夜になるよー!一緒に夜を作って行くよー!”と第一声。オープニングはリクオ、椎野、寺岡の3人による「マウンテンバイク」でスタート。リラックスしたムードでじつに〈HOBO CONNECTION〉らしい始まり方だ。“今日はセッションしまくるよ!”とリクオが言うと、まだ暗いステージに聴き覚えのあるギターが鳴り響く。リクオによる“俺たちのチャボ~!”という呼び込みを受け大歓声の中、チャボが登場!日本語による「Proud Mary」のカバーを歌い、南部ノリの乾いたテレキャス・サウンドによるギター・ソロで早くも観客を魅了する。曲が終わるとフロントでポーズをキメるチャボに対し、両手を広げリスペクトを表すリクオ。大歓声の観客に対し“うるせ~(笑)!”と毒ずくチャボ。楽しい夜はまだ始まったばかりだ。

忌野清志郎との最後の共作曲「毎日がブランニューデイ」を演奏すると、続いて奇妙礼太郎がブルースに乗って赤いポロシャツでステージへ。チャボのイントロが飛び出すとドッと沸く客席。「ドカドカうるさいR&Rバンド」だ。“ホテルをうろつく女を梅津がヨロシクしてるぜ”と、ステージにいない梅津和時を歌詞に盛り込むあたり、奇妙のRCファンぶりがわかる。RC、清志郎の代表作だがキーが高くなかなか歌いこなせないこの曲をオリジナルキーで目一杯声を張り上げて歌った。

★「日本のロックとかブルースの点と点が線につながる夜です」(リクオ)
“ちょっと大げさにいうと、日本のロックとかブルースの点と点が線につながる夜です!”とリクオ。チャボがチェット・アトキンス・モデルに持ち替え、憂歌団の「嫌んなった」。奇妙のブルージーな歌声をリクオのホンキートンク・ピアノ、チャボのソロ、リズム隊も丸くて太いボトムで盛り立てる。奇妙ボーカルで「ジョージア・オン・マイ・マインド」が歌われた後、梅津和時がステージへ。「今日はこの一曲のために来てもらいました」と紹介したリクオが弾きだしたイントロは「スローバラード」。奇妙によるボーカルは若さを感じる力強い歌声だ。間奏では梅津のソロが歌うように奏でられ観客を圧倒した。このメンバーに囲まれて名曲を歌う幸福とプレッシャーを感じているかのように身をよじる奇妙が印象的だった。アニメーションズの「音楽を止めないで」ではリクオと奇妙によるサビの合唱と“ロックンロール!”と叫ぶ掛け合いにチャボのリフが絡み、会場を熱くさせた。

奇妙がいったん下がり、ジョン・レノンの「OH MY LOVE」をチャボのギターでリクオが歌う。この2人だけの演奏は貴重だ。続いてチャボが“下北沢、なんて素晴らしい場所なんだという気持ちで”とボビー・チャールズの「I Must be in a Good Place」を日本語でプレイ。“せっかく来たのに一曲だけなのはね?”と梅津を呼び込み(※梅津は結局最後まで出演した)緊張感ある演奏で人気の高いライヴ定番曲「BLUE MOON」へ。チャボのエレガットをはじめメンバー全員が回したソロはいずれも腕に覚え有りのミュージシャンによる絶品の演奏で、鳥肌ものだった。DTMによるライブも当たり前になった今、こうした腕利きミュージシャンたちの演奏を楽しめるライヴを観られることの喜びを感じた。そしてステージは照明が落とされ、清志郎とリクオの「胸が痛いよ」。リクオはひときわ感情を込めて歌っているように見えた。ふと見ると、ステージのセンターにはマイクスタンドが置かれたままで、まるで真ん中にいる清志郎を囲むように演奏されていた。

リクオが1人ステージに残り金子マリを紹介。じつは今日が初共演という2人で「What a wonderful world」。金子の衰えぬボーカルに聴き入る観客たち。リズム隊、チャボが戻り軽快なサウンド・アレンジのR&Bカバー「あなたなしで」で盛り上がる。チャボが金子と共にボーカルを取り「ガルシアの風」へ。現在に至るチャボの世界を確立したといえるこの曲はシンプルな演奏にサイケな色合いを加え、ますます深みを増していた。ビル・ウィザースを日本語でカバーした「Lean on Me」を歌い終えると、金子に万雷の拍手が送られた。続いて“ウルフルケイスケ君と作ったソウル・ナンバーを歌わせてもらいます!”とリクオがボーカルを取り「夢じゃない」をじっくりと演奏。チャボは曲中のバッキングではテレキャスでキース・リチャーズばりのアクションを決めつつ、間奏では渋くソロを聴かせた。

★驚きのアレンジで聴かせた清志郎ナンバー
ライブは後半へ。金子による「ダンスミュージック☆あいつ」。清志郎のラスト・アルバム『夢助』収録曲だが、ベースのフレーズを中心にしたソウル・セッション的なアレンジが素晴らしかった。リクオは珍しくハモンドオルガンの音色でファンキーに鍵盤を叩く。クールな前半、熱くドライヴする後半と、緩急をつけたグルーヴは金子のボーカルがあったからこそ生まれたアレンジだったのかも知れない。個人的にはこの日のベスト・セッションに挙げたい。リクオの「HAPPY DAY」ではチャボがコーラス。「オーイェー下北~!」とチャボが歌い出したのはブルース・スプリングスティーンの日本語カバー「ハングリー・ハート」。今度はチャボのボーカルにリクオがコーラスをつける。歌声が重なるたびに熱くなっていく演奏に、手拍子をしながら盛り上がる観客たち。チャボはソロを弾きながらステージ中央からリクオに近づきリクオにメイン・リフを促す。ミラーボールが回る中、おなじみの「アイノウタ」へ。梅津も三たびステージに上がる。ピアノから離れ、センターに出て大きなアクションで観客を煽るリクオ。チャボもその姿を見ながら楽しそうにギターを弾いている。出演者を改めて紹介、奇妙と金子を呼び込むと、全員で「いい事ばかりはありゃしない」。チャボ、リクオ、奇妙、金子の順にボーカルを取る。ここで本編は終了。

アンコールではリクオが“今日のこと、世界中に自慢して下さい!今日が初日で、これからホーボーコネクションは各地で一期一会のセッションをしていきます。今日はありがとうございました。”と観客に感謝。全員が登場して金子が歌う「それはスポットライトではない」。浅川マキのカバーでも知られる名曲。淡々としながらも感動を呼ぶ名演で、サビを歌う金子と奇妙のハーモニーも素晴らしく、強く心に残った。歌い終えるとしばらく拍手が止むことがなかった。続く奇妙のライヴでの定番曲「オー・シャンゼリゼ」では会場に明るい雰囲気を振りまき“メルシーボクー!”と連呼するチャボに笑いが起き、奇妙が曲の途中でおもむろに「どんぐりコロコロ」を歌いだすと“なめてんのかおまえ(笑)!”と突っ込むチャボ。初共演の2人のやりとりが面白い。エンディングではリクオの曲「光」をリクオ、チャボのボーカルで演奏してライヴは終了。“お客さん自身にも拍手を!サンキューミュージック!”と頭を下げるリクオ。大きな拍手に送られてステージを降りた。

長い時間にも関わらずテンポ良く、次々と名演、名シーンが生まれたこの日。何よりも出演者たちが常に笑顔が絶やさずに演奏していたのが印象的だった。初日から最高のクオリティでスタートした今年のホーボーコネクション。一期一会のセッションをぜひ各地で体験してほしい。(岡本貴之)

〈HOBO CONNECTION 2015〉「下北沢~HOBO SPECIAL~」
2015年4月5日(日)下北沢GARDEN
【出演】リクオ with HOBO HOUSE BAND(ドラム・椎野恭一 / ベース・寺岡信芳) / 仲井戸 “CHABO” 麗市 / 金子マリ / 奇妙礼太郎 / 梅津和時

〈セットリスト〉
1.マウンテンバイク
2.Proud Mary
3.毎日がブランニューデイ
4. ドカドカうるさいR&Rバンド
5.嫌んなった
6.ジョージア・オン・マイ・マインド
7.スローバラード
8.音楽を止めないで
9.OH MY LOVE
10.I Must be in a Good Place
11.BLUE MOON
12.胸が痛いよ
13.What a wonderful world
14.あなたなしで
15.ガルシアの風
16.Lean on Me
17.夢じゃない
18.ダンスミュージック☆あいつ
19.HAPPY DAY
20.ハングリー・ハート
21.アイノウタ
22.いい事ばかりはありゃしない
EN1.それはスポットライトではない
EN2.オー・シャンゼリゼ
EN3.光

・〈HOBO CONNECTION〉オフィシャル・ウェブサイト
http://www.rikuo.net/hoboconnection/
・リクオ with HOBO HOUSE BAND 『Live at 伝承ホール』
http://ototoy.jp/_/default/p/47489
・リクオの作品はOTOTOYから配信中!!
http://ototoy.jp/_/default/a/13789

〈HOBO CONNECTION 2015〉チャボと奇妙がRCを歌うスペシャルな夜でスタート-OTOTOYライヴレポ 〈HOBO CONNECTION 2015〉チャボと奇妙がRCを歌うスペシャルな夜でスタート-OTOTOYライヴレポ 〈HOBO CONNECTION 2015〉チャボと奇妙がRCを歌うスペシャルな夜でスタート-OTOTOYライヴレポ 〈HOBO CONNECTION 2015〉チャボと奇妙がRCを歌うスペシャルな夜でスタート-OTOTOYライヴレポ 〈HOBO CONNECTION 2015〉チャボと奇妙がRCを歌うスペシャルな夜でスタート-OTOTOYライヴレポ 〈HOBO CONNECTION 2015〉チャボと奇妙がRCを歌うスペシャルな夜でスタート-OTOTOYライヴレポ 〈HOBO CONNECTION 2015〉チャボと奇妙がRCを歌うスペシャルな夜でスタート-OTOTOYライヴレポ
カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。