ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「労基署の窓口受付時間」がネットで話題 厚労省に「もっと長くならないの?」と聞いてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

労働基準法に違反する事業者を取り締まる「労働基準監督署」。ブラック企業に立ち入り調査し、違法行為があれば「是正勧告書」を交付する。警察と同じ「逮捕権限」を持つ、厚生労働省の出先機関だ。

しかし、劣悪な労働環境を告発しようにも、なかなか簡単ではない。理由のひとつは、相談窓口の受付時間が勤務時間と重なっているからだ。2015年4月13日に投稿された以下のツイートも、2500件以上リツイートされ話題になっている。

「いつも思うんだけど、厚労省はサビ残やブラック企業を本気で改善したいんなら、まず労働基準監督署の受付窓口が『午前8時30分から午後5時15分まで、土日祝日休み』というのを、なんとかせいよ」

「三交代制にしろ」VS「受付時間外も職員は働いている」

東京労働局のホームページをみると、窓口取扱時間は「8時30分~17時15分まで」となっている。土・日・祝日と年末年始(12月29日~1月3日)は休みとなっていて、一般の会社員が退社後や休日に相談を持ち込むことは難しい。

こうした声は、キャリコネニュース編集部にも寄せられることがある。このツイートには、労働者が相談しやすいように「(受付時間を民間と)12時間ずらせばいいのにね?」「行政機関全部三交代制にしろよ」といった賛同の声があがっている。

その一方で、「自らが模範となり残業しない!というコンセプトかと」という声もある。現状でもそう甘くないと指摘する人もいる。

「ただでさえ公務員減らしで監督官減ってるのに、受付を全日に拡大したら監督官一人当たりの仕事量がオーバーフローして労基署が超ブラック化→やる気のない職員しか残らない→社会全体が不幸に、となる。受付時間外も職員は働いているのです」

確かに窓口で告発を受け付けるだけでなく、立ち入り調査に向けて情報を収集したり、事前調査を行ったりする必要もある。とはいえ、相談に行けない人はどうすればよいのだろうか。他の窓口の設置や、受付時間を長くする計画はないのだろうか。
夜22時まで「ほっとライン」を開設中だった

厚生労働省の労働基準局監督課の担当者に取材してみると、平日昼間以外の受付方法もすでに準備されているようだ。

「時間外に相談したいという声が多かったため、2014年の9月から『労働条件相談ほっとライン』を開設しています。水曜日以外の平日は夜22時まで、土日も相談を受け付けています」

利用実績もあり、開設から2か月間で3422件の相談が寄せられているという。当初は2015年3月31日までの開設予定だったが、4月1日以降も継続して受け付けている。相談が多いため、昨年度よりも「回線を増やして対応している」とのことだ。

厚労省では「窓口の取扱時間を長くしては」といった議論もあったようだ。しかし、過重労働に従事している人は、そもそも「窓口に足を向けること自体が難しい」という面がある。

そこで夜間など仕事から解放された時間帯に、「電話をすることならできるかもしれない」と考えて、電話での相談窓口の設置が決まったという。
24時間受付の「メール窓口」もある

約3000件の相談で最も多かった内容は「賃金不払い残業」(588件)。次いで「長時間労働・過重労働」(444件)だったという。相談内容から法令違反が認められるケースでは、

「労働基準監督署に情報提供を行い、監督指導を実施するなどの必要な対応を行います」

と、窓口での相談と同様の対応が受けられるとのことだ。

電話の相談が難しい場合でも、監督課では「労働基準関係情報メール窓口」を用意している。受付内容は、違法な時間外労働・過重労働による健康障害・賃金不払残業などの「労働基準関係法令に関する問題」に限られ、匿名での相談も可能だ。

労働条件相談ほっとラインの番号は0120-811-610。平日(月・火・木・金)は17時~22時まで、土日は10時~17時まで相談を受け付けている。【リーフレット(PDFが開きます)】

あわせて読みたい:労働基準法は「やっぱり厳守した方がよい」と思う理由
 

CareerConnection 企業インサイダー
カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP