ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

風水的には家族に「気をつけて」でなく「行ってらっしゃい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 円満な家族が暮らす家は、清らかな気で満たされるもの。風水建築デザイナーのユミリーこと直居由美里さんが、家族仲良くすることの重要性を説く。

 * * *
 風水とは、住まいを良い気で満たし、そこに暮らす家族を開運に導くものです。私は風水鑑定のために多くの家を訪れましたが、成功している人は良い気が循環する家に住んでいるものです。そして、住まいの環境を整えることで、仕事がうまくいったり、金運が上がった例も数多く見てきました。

 家の中によどんだ気が溜まらないように、窓は閉め切りにせず、空気の入れ替えを。窓のないトイレやキッチンは換気扇を長めに回します。換気扇がホコリや油で汚れていては、効果が半減しますから、外して洗いましょう。

 そして、掃除や整頓と並んで大切なのが、家族が仲よく暮らすことです。

 今年は4月5日が二十四節気の清明です。読んで字の通り、清らかで明るい気に満ち、草木が萌え出る時期です。

 日本ではお墓参りといえば、お彼岸ですが、中国は清明。沖縄にも、お墓の前に親戚が集まり、花や線香を供え、ごちそうをみんなでいただく清明祭(シーミー)があります。

 古代中国では、先祖が眠るお墓を環境のいい場所に作ることで、子孫に繁栄をもたらす陰宅風水が主流でした。貴族や富裕層の家では、風水師を雇ってお墓を作る場所を探させたものです。その後、生きている人間が暮らす家を整える陽宅風水が生まれました。

 先祖にとっては、子孫がお墓に集まり和気あいあいと過ごすのは、何よりの供養でしょう。形だけ整えても、お墓の前できょうだいげんかが始まれば台無しです。

 家も同じです。掃除は行き届いていても、家族がいがみ合い、口論が絶えない家では、家運は上がりません。

 朝は「おはよう」とはきはきしたあいさつを。夫婦げんかの翌朝や、子供があいさつを返してくれなくても、相手の発する不機嫌なムードに引きずられてはいけません。見送るときは「気をつけて」ではなく、明るく「行ってらっしゃい」と声をかけます。「気をつけて」はネガティブな言葉なので、なるべく避けるようにします。

※女性セブン2015年4月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ひとり寂しくスマホ片手に食事すると開運エネルギー得られず
お墓をリフォームすれば「ご先祖様も喜ぶはず」と墓専門家
風水的に金運UPさせるならトイレを集中的に掃除するべき

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP