ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本人メジャーリーガー 9人中4人が故障中でも見所多数あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本人メジャーリーガーの数は2008年の17人(マイナー契約除く)を筆頭に、10人以上という年がここ数年続いた。しかし、今年は9人のみ。そのうちダルビッシュ有(テキサス・レンジャーズ)ら4人が故障者リスト(DL)入りという状況で迎えた開幕に、一抹の寂しさを覚えたファンも多かったのではないだろうか。

 日本人選手の数が減ったとなれば、残る選手にこれまで以上の期待と注目が集まるのは必然である。しかし、ニューヨーク・ヤンキースの開幕投手を任された田中将大は、まさかの4回KO。

 イチロー(フロリダ・マーリンズ)も代打出場にとどまるなど、青木宣親(サンフランシスコ・ジャイアンツ)や田沢純一(ボストン・レッドソックス)の活躍はあったものの、ファンにとってはスッキリしない開幕戦だった。それでも大リーグ評論家の福島良一氏の展望は明るい。

「初登板では敗戦投手になりましたが、岩隈久志(シアトル・マリナーズ)は先発の柱としてフル稼働するでしょうし、DL組の上原浩治(ボストン・レッドソックス)と藤川球児(テキサス・レンジャーズ)もすぐに復帰できそうです。

 イチローは移籍したナショナルリーグのスピードを重んじた野球がプレースタイルに合うので、出番は増えていくはず。青木も本拠地・AT&Tパークの広い左中間が広角打法には有利です。今後の日本人選手の見所はたくさんありますよ」

 開幕戦では打たれた田中についても、「ツーシームを軸に早いカウントで勝負する今年の投球スタイルは、昨年までのボールゾーンで勝負するピッチングよりいい結果をもたらすと思う」と、福島氏は太鼓判を押す。少数精鋭の侍たちの活躍に期待したい。

※週刊ポスト2015年4月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ユニフォーム売上日本人1位の上原浩治 7歳息子人気も爆発中
近鉄・鈴木啓示監督とエース・野茂英雄の確執が生まれた瞬間
巨人の7選手が東京ドームの期間限定弁当をプロデュース中

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP