ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTT技術史料館の電話ペーパークラフトが凄い!今年は『緑のカード式公衆電話』が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ちょっと前にはどこにでもあった『緑のカード式公衆電話』。1982年12月に登場し、今でも一部で見ることができますが、携帯電話の普及やグレーの公衆電話の登場により、その数は徐々に減りつつあります。

【関連:見せてあげよう!ペーパークラフトの真髄を!天空の城ラピュタ『ロボット兵(園丁タイプ)』3月末発売】

 その『緑のカード式公衆電話』のペーパークラフトがネットで話題になっていました。発端はNTT広報室のTwitterアカウント。
紹介した投稿によると『NTT技術史料館』で入手できるそうです。

 NTT技術史料館の広報担当者に詳しい話を聞いてみたところ、このペーパークラフトは毎週木・金曜日の一般公開日に、アンケートに答えた人に無料で配っているものだそう。それ以外は、一部イベントで配ることがある程度だそうです。

 電話ペーパークラフトはシリーズ化されており、過去には4号自動式卓上電話機(黒電話)や、大形赤公衆電話機も登場しています。ほぼ年1回のペースで新しいものが登場し、約1年かけ配られるそうです。第6弾となった『緑のカード式公衆電話』は今年2月から配られています。

 作り方は簡単……ではなく、非常に複雑な作りになっていて、50分~60分もかかってしまうのだとか。でも作り上げた時の達成感は格別だそうですよ。

 NTT技術史料館の場所は、東京都武蔵野市緑町3-9-11 武蔵野R&Dセンタ内。一般公開日時は毎週木・金曜日の13:00~17:00までで、入場料は無料。
一般公開日の見学は予約不要ですが、ガイドツアーを希望する場合には、事前に申し込みが必要だそうです。申込み詳細については、公式サイトの『ご利用案内』にて確認してください。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP