ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブライアン・ウィルソンの半生が初の映画化、日本タイトル&公開日決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ブライアン・ウィルソンの衝撃の半生を描いた映画『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』が8月1日より公開されることが決定した。

 「サーフィン・U.S.A.」や、「グッド・ヴァイブレーション」など、誕生から半世紀を経た今も、時代を超えて愛され続けるザ・ビーチ・ボーイズ。だが名曲の数々を生み出していた時、ブライアン自身は苦悩に引き裂かれ、極限まで壊れていた。いったい何がそこまで彼を追いつめたのか。それでもなお、天使の歌のごとき美しいメロディーが生まれた理由は何だったのか。数々の名曲を彩るブライアン・ウィルソンの衝撃の半生が、本人公認のもと初めて映画化される。

 監督は、アカデミー賞(R)作品賞受賞作『それでも夜は開ける』のプロデューサーで、本作が初監督となるビル・ポーラッドだ。異なる二つの時代のブライアンを、二人一役で描くという大胆なアイデアで、いくつもの魅力的な顔を描き出した。60年代のブライアンを演じたのは、ポール・ダノ。精神的に混乱と変調をきたしていく難しい役を、圧巻の存在感でリアルかつ切なく演じた。そして80年代のブライアンはジョン・キューザックが哀愁とユーモアを添えて演じきった。 また、共同脚本を『メッセンジャー』でアカデミー賞(R)にノミネートされたオーレン・ムーヴァーマンとマイケル・アラン・ラーナーが、音楽は『ソーシャル・ネットワーク』で同賞を受賞したアッティカス・ロスが担当する。

◎公開情報『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』
2015年8月1日 角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
出演:ジョン・キューザック、ポール・ダノ、エリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ
監督・製作:ビル・ポーラッド 
脚本:オーレン・ムーヴァーマン、マイケル・アラン・ラーナー 
製作:クレア・ラドニック・ポルスタイン、ジョン・ウェルズ 
製作総指揮:アン・ルアーク、ジム・レフコウィッツ、オーレン・ムーヴァーマン 音楽:アッティカス・ロス
配給:KADOKAWA
(C)2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

ブライアン・ウィルソンの伝記映画配給権をライオンズゲートが獲得
FUN×3 – ビーチ・ボーイズのステージは素敵ぢゃないか
ザ・ビーチ・ボーイズ マイク・ラヴ 来日インタビュー ~1963年を振り返って~

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP