ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マーベル映画のイカレ野郎「デッドプール」、ツイートも狂ってて面白すぎると話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もうすぐ全米では、5月1日「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」の公開で大いなる盛り上がりを見せています。
マーベルがリリースした、今度の「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」はグローバルに冒険が拡がる、というPR動画は”アメリカン・ヒーローのアベンジャーズ”から”世界のアベンジャーズ”になったことを強調しています。

https://youtu.be/AmFc9MumDDs

さて、アベンジャーズに負けず、スパイダーマン、デッドプールの話題でもネットは盛り上がっています!

①映画「スパイダーマン」の動向については、以前お伝えしたとおりですが、マーベル映画のキーマン ケヴィン・ファイギ氏が、マーベルとソニーがコラボして作る新スパイダーマン映画は

・ピーター・パーカーがスパイダーマン(一部で噂されていたアフリカ系でヒスパニック系の若者マイルズ・モラレスではない)
・スパイダーマンのオリジンをゼロから語るものにはしない。
・高校生が正体であるヒーロー”スパイダーマン”を徹底的に描く
・新コスチュームになる

と発言したようです。

ケヴィン・ファイギ氏が、「僕らの作るスパイダーマンは、十代で高校生でピーター・パーカーだ」と発言したビデオ
https://youtu.be/4dnqlncgZEA

スパイダーマンは「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」(2016年5月6日全米公開予定)で何らかの形で登場し、2017年7月28日に、ソニー×マーベルによる新『スパイダーマン』映画公開という風に伝えられています。
このスパイダーマンのリブート話が出るたびに、製作陣が強調してきたのは”今度のスパイダーマンは高校生”ということです。だからアンドリュー・ガーフィルードくんは降板したし、「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」には”14歳のスパイダーマン”登場と報じているメディアもあります。
そして今度のケヴィン氏の発言・・・いまの10代の視点でマーベル・シネマティック・ユニバースを語るということをケヴィン氏は試みたいのかもしれません。なおスパイダーマンが、小僧としてアベンジャーズに入るとどんな感じか?

いまテレビ東京系で放送されているアニメ「アルティメット・スパイダーマン ウェブ・ ウォーリアーズ」をご覧になるか?
https://youtu.be/pF9uzrNNxfI

アイアンマンことロバート・ダウニー.Jr氏のこのツィートをチェックです!

Sorry Spidey, there’s a pecking order.(Check out https://www.facebook.com/hrjoephotography for more. Super cool. Definitely posting more in the future.)
Posted by Robert Downey Jr on 2015年3月20日

しかしながら、これはあくまで僕個人の意見なので、別に誰もそういうことは言っていないのですが、今度のスパイダーマンが、「ピーター・パーカーであったとしても、白人ではない可能性はある」のではないかと思うのです。実際、次の映画の「ファンタスティック・フォー」のヒューマン・トーチは、原作では白人ですが黒人のマイケル・B・ジョーダンが演じます。(註:「ファンタスティック・フォー」はマーベル・コミック原作だが、ケヴィン・ファイギ氏によるマーベル映画ではない)。こういう手法が「あり」だとすると”黒人のピーター”になってもおかしくはない、ですよね。

②AOLニュースでも大人気の映画「デッドプール」ですが、バンクーバーでの撮影風景が現地メディアにとりあげられまくっています!
ファンの間では、コスチュームが原作どうりで、ここが支持されています。また、原作どおり、顔面に傷があることもファンを喜ばせています。そしてクールな刀アクション
これら刀については、ライアン・レイノルズ自身が2つの刀にはBeaとArthurという名前付けている、とコメントしました。

また今度の「デッドプール」には、コロッサスというミュータントが登場します。
今までのX-MEN映画に登場した、全身が金属の肌に変化する怪力のミュータントですが、その撮影風景も報じられています。なおコロッサス役は、今まで演じていたダニエル・クドモアとは別の役者さんが演じることになりそうです。

こうしたメディアの報道に加えて、ライアン・レイノルズ自身もマメにツィート!

このツイートを通じて、映画「デッドプール」に

・”ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド”という少女ミュータント登場
・演じるのはブリアナ・ヒルデブランドさんという新人の女優さん

ということが判明しました。
「ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド」というのはX-MENのコミックで2001年頃デビューしたテレパシーと予知能力の使い手。ブリアナ・ヒルデブランドさんという女優さんは、僕は知らなかったのですが新人さんですね。元々スキンヘッドなのかな?

さらに このツイートも!

このデッドプールが、トイレで読んでいるコミックは、恐らくこの4月に発行されるデッドプール250号・・・この号でデッドプールは死ぬ?とされます。レイノルズの「誰か死んだ奴の匂いがするぜ」とトイレで言っているのは、このコミックの内容を言っているのでしょう(笑)

「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」のノイズに対抗するかのように、自分をPRするあたり、デッドプールさん、さすがです!!

テキスト/文・杉山すぴ豊

関連記事リンク(外部サイト)

高田純次「芸能生活だいたい35周年」DVDがテキトーすぎてくだらねぇwww【動画】
野郎号泣映画『ロッキー7:クリード』 スライが伝説の地・フィラデルフィアに!【動画】
ココイチ好きに朗報 CoCo壱番屋監修のラーメンが発売されるぞ!!
社民党・佐藤あずさが可愛すぎると話題 「ガチのアイドル候補」「八王子に引っ越す」
ウータン・クラン全員とヤッちゃった?疑惑の美女が話題に 果たして真相は?【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP