体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽業界「ど真ん中」で芽吹いた次世代マネージメント 「ワーナーミュージックエージェンシー」インタビュー

音楽業界「ど真ん中」で芽吹いた次世代マネージメント 「ワーナーミュージックエージェンシー」インタビュー

音楽業界「ど真ん中」で芽吹いた次世代マネージメント
〜 新生ワーナーミュージック、タレントと「共に」狙うヒット&グローバルシェア 〜
「ワーナーミュージックエージェンシー」インタビュー

ワーナーミュージック・ジャパン 執行役員/邦楽第2クリエイティブルーム本部長
ワーナーミュージックエージェンシー 取締役
竹本 現(たけもと げん) ※写真:右
ワーナーミュージック・ジャパン コンテンツビジネス開発本部長 兼 事業戦略室
黒岩利之(くろいわ としゆき) ※写真:左

ワーナーミュージック・ジャパンが、マネージメント業務を核とする新会社「ワーナーミュージックエージェンシー(以下、WMA)」を2015年3月1日に設立した。2014年、小林氏が代表に就任し、新体制のもと「プロダクト&サービスへの転換」を推し進める中で、WMAは実験的なチャレンジを積極的に行っていくという。設立発表とともにスタートしたオーディションにも予想を超える反響がきているようで、早くも「WMAならではの展開の可能性を感じている」という。従来のレーベルビジネスの枠に縛られないスタイルでチャレンジをはじめたWMAが求める才能や、ビジネススタンスについて話を伺った。(取材/文:Jiro Honda)
2015年4月14日掲載

ワーナーミュージックエージェンシー
ワーナーミュージック・ジャパン

必然的な新組織 「レコード会社」にとらわれず

—— 「ワーナーミュージックエージェンシー(以下、WMA)」が設立された経緯というのは?

竹本:我々はレコード会社として業務を行っている訳ですが、その中で、日頃からユーザーや媒体のみなさまから、様々な要望をいただくんですね。例えば、バラエティ要素の強い音楽番組などで「トークが上手い人いない?」とか、「YouTuberのようなネットで面白い人いない?」というようなことを聞かれたり、映像制作の際に出演者の問合せをいただいたり。ユーザーの方からも、「女優になりたいんです」とウチに直接連絡があったりもします。

 それで、そのようなニーズにお応えするためには「事務所としての機能も必要だよね」、ということでWMAの設立に至りました。

—— 会社機能として必然的に設立された感じなんですね。

竹本:その通りですね。「音楽がキビしいから、事務所を作るんですか?」と時々言われたりしますけど(苦笑)、そういう訳ではないんです。我々にとって、いわゆる「レコード会社」という枠にとらわれない、音楽以外のチャンネルが単純に必要になってきたという流れです。

—— このタイミングで設立されたのはどうしてでしょう?

竹本:社内的にも海外の流れにしても、こういうことを展開するタイミングが訪れたということだと思います。

黒岩:あとは昨年経営体制が変わったというのもあります。新体制での、「プロダクト&サービスへの転換」という方針を受けての戦略の一つだと言えますね。

組織のカラー タレントと「共に」

音楽業界「ど真ん中」で芽吹いた次世代マネージメント 「ワーナーミュージックエージェンシー」インタビュー(2/5)

音楽業界「ど真ん中」で芽吹いた次世代マネージメント
〜 新生ワーナーミュージック、タレントと「共に」狙うヒット&グローバルシェア 〜
「ワーナーミュージックエージェンシー」インタビュー

ワーナーミュージックエージェンシー 竹本現氏

組織のカラー タレントと「共に」

—— 設立発表とともにオーディションもスタートされていますが、反応はいかがですか?

1 2 3 4次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。