ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【知ってた?】ピクニックランチで差が出る、夏野菜と「ショートパスタ」のサラダレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パスタはできたて作りたてがイチバン。誰だって思うはずですが、これって茹でたての熱々を食べるときのお話。

ここで紹介するのは冷めて食べる、サラダ感覚のパスタです。主役は短く小さいショートパスタを選びましょう。なぜ?茹であがりののびが気にならないから。そしてもうひとつ、野菜のサイズと均等な方がバランスが取れるから。

 01.
オリーブとゴートチーズ
とルッコラのパスタサラダ 

ジェメリ:80g
インゲン豆:200g(水煮缶1/2)
ルッコラ:1束
ゴートチーズ50g
赤玉ねぎ:1/2個
オリーブ油:大さじ3
ワインビネガー:大さじ2
塩:適量
ブラックペッパー:適量

ねじれが特徴の「ジェメリ」をアルデンテに茹で上げて、インゲン豆、ルッコラ、赤玉ねぎとあわせる。ゴートチーズの風味を活かし、塩は最後に味を見ながら。

02.
ドライトマトとコーンと
ブロッコリーのペンネサラダ

ペンネ:80g
ドライトマト:40g
スイートコーン:60g
ブロッコリー:100g
オリーブ油:大さじ5
ドライオレガノ:適量
塩:適量

ペン先の形状からその名が付いた「ペンネ」には、たっぷりめにオリーブ油を絡ませてあげるのがポイントです。オリーブ油漬けのドライトマトなら、こちらのオイルを代用してもGOOD。

03.
トマトとモッツァレラと
ルッコラのパスタサラダ

コンキリエ:80g
モッツァレラチーズ:100g
チェリートマト:8個
バジル:5枚
オリーブ油:適量
塩:適量
ブラックペッパー:適量

独特の貝殻型をした「コンキリエ」には、モッツァレラチーズ、チェリートマト、バジルを合わせた王道スタイルで。バジルをイタリアンパセリに代えても◎。

04.
マッシュルームとブロッコリー
いんげんのシーザーサラダ

フジッリ:80g
ブロッコリー:100g
いんげん:50g
マッシュルーム:50g
パルメザンチーズ:20g
シーザードレッシング:適量
ブラックペッパー:適量

小さならせん状の「フジッリ」とマッシュルームの相性が抜群。いんげんの食感も楽しめる、大人から子どもまで愛されるシーザードレッシングで。マッシュルームは素焼きにした方が香りが引き立ちます。

05.
トマトとミントと
赤キャベツのクスクスサラダ

クスクス:100g
フルーツトマト:100g
ミント:葉っぱのみ20枚程度
玉ねぎ:1/4個
キュウリ:1/2本
レモン:1個
オリーブオイル:大さじ3
塩:適量
ブラックペッパー:適量

世界最小のパスタ「クスクス」で作る、ひんやりサラダ。レバノンの定番料理タブレは、フランスで人気のお惣菜。野菜を刻んでクスクスと合わせるだけの簡単サラダ。ミントの香りで食欲もアップするはず。ポイントはクスクスを戻したあと、レモンぎゅっと絞って酸味を加えること。

ホームパーティーにもピクニックランチにも、活躍必死なショートパスタのサラダ。今日でサラスパは卒業です。

関連記事リンク(外部サイト)

日本のソウルフード大変身!話題の握らないおにぎり「おにぎらず」って、いったいナニ?
【新定番】これからのケーキはフライパンで作る!本格ベイクドチーズケーキレシピ
【アメリカ発】斬新すぎる組み合わせ。オレオにベーコンを巻くと・・・めちゃ美味らしい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP