体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パリジェンヌから学ぶ、「女性の美しさ」3つのポイントとは

パリジェンヌから学ぶ、「女性の美しさ」3つのポイントとは
J-WAVE平日(月〜木)午後の番組「ACOUSTIC COUNTY」のワンコーナー「emmi ORGANIC CONCIERGE」(ナビゲーター:坂倉アコ)。4月13日のオンエアでは、パリを拠点に活動するビューティ・セラピスト CHICO SHIGETAさんに、女性の美しさのポイントを聞きました。

CHICOさんは、オーガニックコスメブランドSHIGETA主宰のビューティ・セラピストとして、美容のメソッドを伝えています。世界各地を旅して美と癒しについて探究してきたCHICOさんに「女性の美しさ」のポイントを聞いたところ、少し意外な答えが返ってきました。CHICOさんが挙げたのは、「ユーモア」「知性」「艶(つや)」の3つ。艶とは、髪や肌の艶だけでなく、心の艶も欠かせないのだとか。

「ユーモア」「知性」「心の艶」、どれも自分を知っている大人の自信や心の余裕があってこそ、醸し出せるものと言えます。たしかに、海外の美しい大人は、ユーモアがあって、それでいてスマート。年齢に関係なく、艶やかに輝いている印象がありますね。長年パリに暮らしているChicoさんですが、常にパリの女性の美しさにインスパイアされると語ります。

「私たちの仕事は、いかに人を美しくするかなんですが、美しくするとはどういうことかとひも解いていくと、一番その人が自分らしくあるということなんですね。自分らしく、楽しく、ワクワク、生き生きみたいな。パリはそんなふうに輝いている人が本当に多い、大人の女性が美しい街なんです。40代、50代、60代、70代と、女性として美しい大先輩がいっぱいいるんですね。皆さん、すごくチャーミングな方ばっかりなので、そういう中でいい刺激であったり、女性としていかに生きるかであったり、常にいい空気をもらっていると思います」(Chicoさん)

「美容」というと、化粧品やファッションにばかり目を向けがちですが、「自分らしくある」ということが大前提にあるわけですね。女性の美しさのポイントは、「ユーモア」「知性」「艶」の3つ。どれも磨けば磨くほど輝くもの。パリジェンヌを見習って、美しい大人の女性になるべく、さっそく自分磨き始めませんか。

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy