ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いつでもかわいく。「メガネのときのメイク」はコレが正解

DATE:
  • ガジェット通信を≫

150413megane.jpg
最近は、ファッションアイテムのひとつとなっているメガネ。
オシャレ小物としてもちろん、すっぴん隠しや、コンタクトが入れられないときなど、メガネをかける機会も増えているのでは?
メガネのときに悩むのが、メイクをどうするかということ。
いつものメイクだとメガネに合わない、マスカラやつけまつげがメガネに当たる、ノーズパッドのところがよれてファンデが崩れるなど、メガネ女子には悩みがたくさん。
メガネをかけるときにおすすめなメイクの方法をご紹介します。

目頭切開ラインが肝

メガネのときのアイメイクのポイントは、目が小さく見えないようなアイラインの入れかたです。
アイラインは、黒目の部分を大きく見せるように、黒目の上のラインを太めに描きます。
また、目を大きく見せるために、目頭から鼻筋に向かってアイラインを2ミリ程度のばすように引くのも効果的。こうすることで、目頭切開したような効果が得られます。

メガネ専用コスメを使ってみる

マスカラは、バッチリ塗るとメガネについて汚れてしまいますので、根元にだけしっかりつけるようにしましょう。ロングタイプのものより、ボリュームタイプのものがおすすめ。
また、メガネに当たりにくい処方が施されたメガネ用のマスカラや、メガネ用のつけまつげなども売られているので、専用コスメを使うという手もアリです。

鼻の部分がよれないベースメイク

ベースメイクが崩れやすいノーズパッドの部分は、テカリ防止用の下地をつけて、皮脂が浮かないようにし、ファンデーションをごく薄くつけるようにしましょう。
仕上げにしっかりとパウダーで押さえておけば、崩れにくさもアップ。
メガネ用のメイクを覚えておけば、いつでもかわいい女性でいられますよ!
(大森友美子)
衣装協力/レースブラウス・ストライプサロペット(JugeETTA/ジュジュエッタ)、パールカチューム/ステラハリウッド)、ピアス(GRL/グレイル)


(グリッティ)記事関連リンク
わずか3秒でOK! うるうるツヤツヤな肌を作るコツ
春のトレンド「マルサラ」で、いい女メイクにチャレンジ
憧れの小顔になれる! 「小顔マジック」4つのポイント

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。