ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年も六本木でアートな夜を。テーマは『ハルはアケボノ ひかルつながルさんかすル』

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「六本木アートナイト2015」メインビジュアル

2009年にスタートした「六本木アートナイト」が、今年も4月25日(土)〜26(日)に開催される。前回、前々回に引き続き日比野克彦がアーティスティックディレクターを務めるほか、今年から新設したメディアアートディレクターには、ライゾマティクス代表の齋藤精一が就任。『ハルはアケボノ ひかルつながルさんかすル』をテーマに一夜限りのアートの饗宴が開かれる。


《アートトラックプロジェクト ハル号 アケボノ号》イメージ

今年のメインプログラムは、齋藤精一主導でLEDを実装した光る大型トラックによる《アートトラックプロジェクト ハル号 アケボノ号》。“ハル号”は東京ミッドタウンのキャノピー・スクエアに常駐。当日は来場者がスマートフォンで入力した情報がトラックに表示されるという仕掛けも。また“アケボノ号”は六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、国立新美術館を回遊。巨大なミラーボールが搭載されていて、周辺でダンスやライブパフォーマンスが行われる予定。六本木ヒルズアリーナには巨大ジャングルジムが登場し、ライトを使ったライブパフォーマンスも。

例年通り、六本木の街のあちこちに「街なかインスタレーション」と題したアート作品が点在し、ストリートやお店、公園など、普段見慣れた六本木の街が全部アートスペースに変身。また「街なかパフォーマンス」として、ダンスや音楽、演劇などのパフォーマンスも行われる。

また「MIDTOWN meets GODZILLA 〜RETURNS〜」として、東京ミッドタウンに実物の約7分の1スケールの頭部をリアルに再現したコンクリートから顔を出す約4mのゴジラヘッドの展示や、豪華ゲストによるアーティスト・トークや参加型のワークショッププログラムが開かれたりと、夜を徹してさまざまなプログラムが繰り広げられるので、HPで更新されるプログラムをチェックして。

「六本木アートナイト 2015」
日時:2015年4月25日(土)10:00〜26(日)18:00
   ※コアタイムは25日(土)日没〜26日(日)の日の出
入場料:無料(ただし一部のプログラムと美術館企画展は有料)
開催場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、 21_21 DESIGN SIGHT、
     国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)
公式サイト:http://www.roppongiartnight.com

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP