ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

体に触れずに体温が測れるガジェットがすごい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今日は朝からなんだか体がだるい。病院に行きたいけど、絶対安静! なんて診断を受けたら周りに迷惑がかかってしまうし、病院は自分が行く時に限ってなぜか混んでいる。とりあえず今抱えている仕事を片付けてから考えるべきか……。

そんな風に、”ビミョー”に体調が悪い時などに使ってみたいのが、スマートフォンで診察できるガジェット「CliniCloud(クリニクラウド)」だ。

「CliniCloud」は、アメリカの医師が開発したガジェット。何と自宅や職場にいながらにしてセルフ診察が行えるという優れものだ。体温計と聴診器で1セットになっており、スマートフォンとBluetooth接続すれば使用できる。診察したい人の胸部や背面に当てると、心臓音や呼吸音をスマートフォンで拾い、頭部に近づけるだけで熱が測れるのだとか。

測定したデータは専用アプリから見ることができるのだが、例えば、咳をした場合には、測定データから風邪と肺炎の違いを認識する精度の高さを誇るのだという。

これがあれば、近くに病院がないときや夜間などの緊急時、忙しくてなかなか病院に行けない時などに重宝する。また、小さい子どもやお年寄りを家族に持つ人には安心感にもつながるだろうし、一家に一台常備しておきたいアイテムといえそうだ。

同商品は、109ドル(約13,000円)で同Webサイトから予約でき、7月から一般発売される予定。医療業界において革新的なガジェットの登場だ!

関連リンク

CliniCloud

関連記事リンク(外部サイト)

エアコン、コーヒーメーカーまでも自動でセット!? 睡眠状態を記憶するベッドカバーが優秀すぎる!
医療機器もスマート化! ついにドクターを"携帯"する時代へ
IoTの火加減革命!? スマートフライパンで、今年こそ料理男子になる!

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。