体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クビーンの宇宙論、あらかじめ破滅を胚胎した夢の国

生活・趣味
クビーンの宇宙論、あらかじめ破滅を胚胎した夢の国

 幻想都市文学の傑作。新訳ではなく復刊だが、これを取りあげないわけにはいかない。一種のユートピア/ディストピア小説としても読めるが、舞台となっている「夢の国」は政治的背景や社会学的リアリティによって特徴づけられてはおらず、そこに住む/訪れる者を包みこむ領域として—-粘度と匂いのある空気のように—-存在している。

 奇妙なことに、この国は新しく建造されたものなのに最初から古びている。数年前に前代未聞の富を手にしたクラウス・パテラが自らの理想(イデー)を実現させようと、中央アジアの三千平方キロメートルの土地を購入し、すべてをお膳立てしたうえで住民を呼びよせた。首都ペルレ市の建物はすべてヨーロッパのあらゆる地方から古い家屋をわざわざ移築し、この土地に調和する町並がつくられている。建物だけでなく、この国では新しいものは何ひとつ用いられない。価値のある骨董もあれば色あせた古道具もあるが、パテラの趣味に合うものだけが選ばれている。ヨーロッパでは美術品とされるものでも、この国ではすべて普段使いが前提だ。

 住民もパテラが選んでおり、その招聘がなければ入国ができない。語り手の「私」はクビーン自身を思わせる三十代の画家で、パテラとはギムナジウム時代の知り合いだ。彼が妻ともども夢の国に招かれたとき、この国はすでに6万5000の人口を抱えていた。靄のベールのなかに佇む巨大な壁、そこに穿たれた暗いトンネルが夢の国の入口だ。そこを通り抜けるとき、私の妻は死の不安を浮かべながら、震え声でこうささやく。「もう二度と、ここからは出られないのね」。

 この言葉は印象的だが、これに限らずこの物語は序盤から破滅の予感を色濃く示している。しかし、その破滅が何に由来するのか、どのように起こるのかはわからない。国の創始者パテラが大きな力を持っているのは確かだが、彼が敷いているのは軍事支配でも思想統制でも経済的掌握でもない。この国には税金はなく、市民はパテラのために何ひとつ創りだしてもいない。この国には市場競争もなく計画経済もなく、ひとびとは自分の仕事に専念することでそれなりの楽しみを得ており、階級間のそねみが増大することもない。その一方で、品物を誤魔化したり他人を騙すことは日常的におこなわれ、前ぶれもなく財産を失うことも珍しくない。しかし、結局のところ、金がなくてもこの国ではなんとかやっていける。まるで、外の世界から孤絶し(故国に出した手紙は配達されず戻ってくる)、よどんだ時間にひたっているかのようだ。それを象徴するように空はいつも曇っている。

 私はこの国にはフリーメーソンのような結社、あるいは密かな信仰の絆があるのではないかと感じ、それを突きとめようとするのだが、ひとびとに正面切って尋ねるとぎくしゃくするし遠回しに探ればはぐらかされてしまう。ほかにも腑に落ちないことや、理性で割り切れないことが多い。私の妻は、街灯の点火夫とすれ違いざま振り返ったところ、その顔が肖像画で見たパテラだったと言う。多忙なパテラがそんな仕事をするわけがない。私は夕闇のなかの思い違いだと一笑に付すが、妻はこのころから心身が衰えはじめる。

 また、私自身も非日常的な経験をする。妻の深刻な病状に心を痛めた私は、憑かれたように町を駆けずり、気づくと宮殿の前にいた。なんと、その大黒柱に「一般のためのパテラの謁見時間」が明示されているではないか。この国に到着してからしばらくパテラに面会しようと試みたが、煩雑な許可申請手続きに阻まれて実現しなかったのに。居城には人の気配はなく、おびただしい部屋を通りすぎた最奥の空間で私は眠っているパテラを見つける。ゆっくり開かれた眼は小さな月のように輝き、見据えられた私は身動きがとれなくなってしまう。パテラは言う。「私はいつでも君のそばにいたのだ」。

1 2次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会