ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

幅24cm!持ち運びもできる小型3Dプリンタが爆発的ヒット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この高さ39cm、幅24cmほどの三角形の筒…何かと言えば、いま密かに話題を呼んでいる3Dプリンタ「Tiko」。

クラウドファウンディングサイトのKickstarterで資金提供が始まるやいないや応募が殺到し、目標額10万ドル(約1200万円)をはるかに上回る、167万ドル(約2億円)以上も集まっている注目のプロジェクトなのだ。

機能としては便利だが、大きくて持ち運びも不便という3Dプリンタの欠点を一気に解消し、これまでの概念を覆してしまいそうな勢いを見せている。

もちろん、サイズだけではなく、使用感や安全性、正確性もアップ。

出力自体は、無線LAN経由で接続するので、スマートフォンからでも利用が可能だ。

また、出力用のフィラメント(繊維)も特に専用品を作っておらず、市販のものを購入すればすぐにプリントできるというのも便利。

あまりの人気ぶりに、当初の2015年11月出荷予定の枠は全て終了。現在は、2016年2月出荷分を179ドル(約2万1600円)で受付中。

かなりリーズナブルなので、興味がある人はぜひチェックしてみて。

Kickstarter(Tiko)
http://kck.st/1FdVeTn

3Dプリンタ(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP