ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

隣で眠る人の邪魔をしない!起きたい人にだけ音と光を届ける目覚ましがスゴイ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
wake01

まだゆっくり寝ていたいのに、隣で眠るパートナーの目覚まし時計に起こされてしまった…。そんな朝のちょっとしたイライラ、多くの人が一度は経験したことがあるのではないだろうか?

特にパートナーと生活時間が異なる場合、意外と大きなストレスだったりするのだが、最新技術がこの問題を解決してくれそうだ。

ロサンゼルスのスタートアップ「Lucera Labs」がこのほど開発したのが、起こすべき人にだけ刺激を与える目覚ましガジェット「Wakē」。

wake06

ターゲット1人にしか届かない光と音で、隣の人の眠りを妨げないというわけだ。

気になるその仕組みは、ベッドに眠る2人を熱センサーで識別し、起床時間になると設定された人にだけピンポイントでLEDのスポットライトと音を照射するというもの。

wake05

なぜ音が隣の人に聞こえないかというと、少しでも照射範囲をずれると音が響かない特殊な超音波スピーカーを搭載しているため。

光と音は徐々に強くなっていくので、自然で心地よい目覚めに導いてくれるという。

wake07

使い方は、ベッド上の壁に「Wakē」を設置し、スマートフォンのアプリで起床時間や音の種類、ボリュームなどを決定するだけ。人を左右で識別できるので、右側の人は7時起床、左側の人は8時起床、なんて複数設定も可能だ。

wake04

「Wakē」は、5月30日までKickstarterにて出資者を受付中で、現在残っているのが、249ドル(約3万円)で1つ贈呈されるプラン。発送は9月頃を予定している。

wake03

パートナーとの起床時間の違いに悩まされている人は、ぜひ出資してみては?

Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/58395680/wake-welcome-to-the-dawn-of-bedroom-robotics

アラーム(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。