ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

すき家 カリスマ社長の改心でブラックのレッテル剥がせるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 深夜の一人勤務「ワンオペ」や、月の労働時間が400時間を超すアルバイト(クルー)の存在など、度を越した過重労働体質が批判を浴びてブラック企業のレッテルを貼られてきた牛丼チェーンの「すき家」(ゼンショーホールディングス傘下)。

 同社は昨年5月より弁護士やジャーナリストなど外部の有識者で構成する第三者委員会を自ら設置。過酷な労働実態の“膿”を公表するとともに、現場の労働環境の改善にあたってきた。

 3月31日に発表された第三者委員会の最後の調査報告によれば、「月間時間外労働100時間以上の社員数」は、昨年3月に55.3%いたものが10月には0%と解消。同じく100時間以上残業したクルー数も、0.4%まで激減した。

 調査委は、それでも60時間以上100時間未満の社員が9%いると指摘、〈(残業時間の改善は)十分であるとは言い難い〉と総括している。

 ゼンショーとしては、これまで本部で労働体制を一括管理していたものを、地域ごとにCOO(最高執行責任者)を置く組織に改編しながら、深夜帯の時給を1300円前後に押し上げるなどして構造的な人手不足を補う戦略をとっている。

 こうした労務改革の成果が、すぐに汚名返上に結び付くのだろうか。人事ジャーナリストの溝上憲文氏がいう。

「従業員の劣悪な労働環境のイメージがついてしまった以上、今は一律に時給を上げなければ安定した人材確保ができない状況にあるといえます。しかし、今後はアルバイトでも勤務年数や能力に基づいて待遇を良くするなど、働いている人たちのモチベーションが高まる仕組みをつくらないと、人は定着しないでしょう」

 当然ながら、人件費がかさんだ分は売り上げでカバーするしかない。ところが、それ以前に、いまだにワンオペを解消するまで深夜営業を休止している店舗が616店(3月末現在)もあることが響き、ゼンショーホールディングスの2014年4~12月決算は上場以来初となる25億円の最終赤字に沈んでしまった。2015年3月期はさらに赤字幅が膨らみ75億円を見込んでいる。

 これまで同社のカリスマ創業者として徹底的に経営効率を図り、パートやアルバイトにも社員と同じような“モーレツさ”を求めてきた小川賢太郎会長兼社長は、いまの逆風をどう捉えているのか。

「経営手法の変革を迫られて赤字に陥ったことは自身が貫いてきたスタイルに反することでもあり屈辱に違いない」と話すのは、外食ジャーナリストの中村芳平氏だ。

「小川さんをはじめ、昔からの幹部にしてみたら24時間働いて家に帰れないのも当然。がむしゃらに働いて抑制した人件費などが安売り牛丼の原資となり企業規模を拡大させてきた歴史がありますからね。そうした意識を一気に変えていくのは容易なことではありません」(中村氏)

 小川氏は昨年末、経済誌のインタビューでこんなことを答えている。

〈創業の頃は私も年間4700時間働いた。それから4000時間、3500時間と減らしてここ数年は3000時間以内だ。(中略)われわれの父親の世代は戦後復興で皆長い時間一生懸命頑張ってこの国の礎を作ってきた。働くことは尊いという価値観を日本人が失ってはいけない〉(週刊東洋経済/2014年12月6日号)

 しかし、労働者の権利や人格を無視した労務管理が許される時代ではない。3月31日の会見では、妻が外出先で避けられている実体験を涙ながらに語りながら、「社会的に尊敬される会社になる」と誓ったという小川氏。

 カリスマ社長の改心が本物なら、今後の牛丼戦争にどんな影響を及ぼすのか。

「すき家は人件費や原材料高の影響で、牛丼並盛り291円から350円に値上げしますが、それでも業界の最安値を維持しています。直近の客数の落ち込みは吉野家のほうが大きいですし、デフレ脱却といってもロイヤルが客単価を上げすぎて伸び悩んでいることからも分かるように、やはり外食産業はお客さんが来なければ話になりません。

 しばらく苦しい時期が続いたとしても、ゼンショーグループは回転寿司の『はま寿司』やファミレス『ココス』などを抱える外食企業のリーディングカンパニーだけに底力はあります。あとは小川さんが売り上げとコストのバランスを崩しながらも粘り強く人材を確保し、消費者が納得する商品の質を高めていければ反転攻勢させるチャンスはいくらでもあると思います」(前出・中村氏)

 すき家に突き付けられた経営課題は、脱デフレを目指す他の外食チェーンにとっても他山の石となるに違いない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
くいしん坊・松岡修造が本気でほれた神田のつけめん
物理のセンセイ・小川桃果さん「新しい人生で花咲かせたい」
5月AVデビューの小川桃果は名門進学校で物理教える現役教師

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP