ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新進気鋭の指揮者・原田慶太楼が、シンシナティ響のアソシエイトコンダクターに就任

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ブロードウェイ・ワールド誌にて、“世界で最も話題になっている若手指揮者の1人”と称された指揮者・原田慶太楼が、2015年9月からシンシナティ交響楽団のアソシエイトコンダクターに就任することが決定した。

 原田氏は、今後CSOの公演や【シンシナティ・ポップス・アンド・メイ・フェスティバル】のほか、CSO主催による学生参加の【ヤング・ピープルズ・コンサート】、【ザ・ワールド・ピアノ・コンペティション】にて指揮を務める。さらに、幼児向けの【ロリポップ・ファミリー・コンサート】や寄付を募る【シンシナティ・ポップ・コンサート】、CSO地方公演、地域活動促進プログラムなどの出演が予定されている。

 アリゾナ・デイリー・スター紙のクラシック音楽評論家キャサリナ・E・バーチ氏は、「原田氏はまだまだ才能の開花する指揮者で、見た者全てが彼のテクニックに虜になってしまうほどの腕の持ち主。指揮台ではエネルギーに満ち溢れ、熟達した技術と溢れんばかりの情熱で演奏者たちをまとめている。」と評している。

関連記事リンク(外部サイト)

「東京・春・音楽祭」恒例、総出演者38名のマラソン・コンサート オンデマンド配信で後日公開予定
ウィーン少年合唱団が来日プログラムを発表、今年はファレルの「ハッピー」に挑戦
プレトニョフが認めたピアニスト、松田華音がリリース記念リサイタルを開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP