ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最高にかわいく写る♡ 「寝起き自撮り」のススメ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


先日、タレントのローラさんがインスタグラムにアップした寝起き姿が「かわいすぎる!」と話題になりました。

Rolaofficialさん(@rolaofficial)が投稿した写真 – 2015 4月 8 10:42午前 PDT

ローラさん以外にも、寝起き(っぽい)写真をSNSにアップする芸能人はチラホラいるようで、「寝起き自撮り」はちょっとしたブームの予感。
しかもこの「寝起き自撮り」、芸能人ではない私たちが撮影しても、実物よりかわいく写れちゃう要素が盛りだくさんなんです!

フェイスラインがシャープに写る!

ベッドなどに仰向けになった状態で撮影すると、顔の肉が後ろに流れて行くので、あごやフェイスラインがくっきりと出やすいんです。
実際にやってみるとわかりますが、起きている状態のフェイスラインとは明らかに差がでるはず。なので、いつもより小顔に写ったり細く写るという効果が。
また、法令線などのたるみも目立たなくなりますよ。

シーツがレフ板に

顔周りに白などの明るい色が入ると、レフ板のような効果が発揮され、顔色がパッと明るくなり、肌質もきれいに写ります。白いシーツには、そのレフ板効果がたっぷり
白ではなくても明るい色なら同じような効果が得られるので、寝具のカラーがよほど暗い色でない限りは使える手です。

あざといしぐさも「寝起き」なら許される

片方の目を手で隠すポーズがさらにかわいさを盛り上げているローラさん。こんなポーズをさらっとできちゃうのも「寝起き」の成せるワザ。
たとえば眠そうに目をこすってみる、あくびをかみ殺してみる、布団やブランケットを引き上げて顔を半分隠してみるなど、起きている状態ならあざといしぐさも、寝起きならアリに。
つぎのアイコン候補は、「寝起き自撮り」に決まりです!
young-woman image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
簡単だけど効果的。夏に向けて「くびれのあるウエスト」を作ろう♡
彼が触りたくなる♡ ナチュラルかわいいストレートヘアの作りかた
攻める美白! 強い漂白剤とも呼ばれる 「ハイドロキノン」を使ってみた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP