体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「宇宙の真ん中で突然、目が見えなくなった」。元宇宙飛行士が語る、恐怖を克服する方法

th_スクリーンショット 2015-04-13 16.28.34

「恐怖を克服すれば、以前は考えられもしなかったことが可能になる」。

そう語ったのは、宇宙飛行士のクリス・ハドフィールド氏。彼はTED Talksで「恐怖を克服する方法」についてスピーチした。

彼がシャトルに乗ったとき、打ち上げ時に大事故が起こる確率は35分の1だったとか。

その恐怖をどのように克服したのか。さらに、彼が宇宙遊泳中に突然目が見えなくなったとき、なぜ冷静でいられたのか。

実体験に基づき、恐怖を克服する方法を語ってくれているスピーチの内容をざっくりまとめると、

th_スクリーンショット 2015-04-13 15.40.03

Top Photo by wikipedia

1.挑戦することでしか、夢は叶えられない
シャトルはとても複雑な航空機で、どんな最悪なことが起こるか分からない。それでも恐怖に打ち勝ち、挑戦することでしか夢は実現できない。

2.危険と恐怖は全く別のモノと知ること
片手を命綱に宇宙服だけで遊泳しているとき、突然目が見えなくなった。しかし冷静でいられたのは、恐怖を詳細に分解することで、危険ではないと思えたから。

3.繰り返しの練習で、恐怖は克服できる
恐怖心を克服するには、クモの巣に何度も突っ込むように、最悪な事態を想定した練習をたくさん行うこと。そうすることで、恐怖は乗り越えられる。

4.人間は、意識次第で自分を変えられる
人間には適応する能力があり、自分の認識する力でさえも変えることができる。努力すれば恐怖心を克服し、夢を実現することができるのだ。

挑戦することでしか、夢は叶えられない

皆さんが今までにした、最も怖ろしいこと、最も危険なことは何でしょう?そしてなぜ、そんな事をしたのでしょう?

私が体験した今までに一番危険なことは、宇宙へいくことでした。NASAの計算によると、シャトル打ち上げの時に大惨事が起こる確率は、最初の5回の打ち上げでは9分の1。

私が1995年にシャトルに乗った、74回目の飛行ですら、事故の確率は35分の1から40分の1分くらいでした。

宇宙に出発したら、その日の終わりにはフワフワと優雅に宇宙に浮かんでいるか。それとも死んでいるかの、どちらかなのです。

Shuttle Atlantis Flying

シャトルというものは、史上最も複雑な航空機です。だから宇宙飛行士の間では、「どんなひどい問題でも、さらに悪化することがあり得る」とまで言われていました(笑)。

シャトルが発射されると、機内全体が本当に激しく揺れます。そしてぐんぐん上に向かって加速していくのです。これは信じがたいほどパワフルな体験です。

そんな中で、シャトルが第一関門、第二関門と問題なく進むうちに、徐々に笑顔がわいてきます。最終的に目指していた高度に着くとエンジンが止まり、無重力状態になりました。

宇宙遊泳中、
突然目が見えなくなった

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。