ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

隣で寝ている人を邪魔しない!あなただけに音と光が届く目覚まし「Wakē」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まだゆっくり寝ていたいのに、隣で眠るパートナーのけたたましい目覚まし時計の音で起こされるのは残念だし、時に腹ただしくさえある。起床時間が異なるカップルにはよくあることだろう。

そこで、米ロサンゼルスのスタートアップが開発したのが、起きたい人だけをピンポイントで覚醒に導く目覚ましガジェット「Wakē」。スポットライトのようにLED光と音楽を“照射”するというテクノロジーを使っている。

・センサーでユーザーの位置を把握

Wakēはベッド頭上の壁に取り付けて使う。内部には熱センサーが組み込まれ、ユーザーの体温を感知する。自動で角度を調整してユーザーを追跡するようになっていて、寝返りなどを打って動いてもユーザーの場所を正確にとらえる。

そして、起きる時間になったらユーザーの顔に光と音楽を“照射”する。LEDの優しい光がユーザーの顔を照らし始めると同時にユーザーだけに音が流れ始める。光が徐々に明るくなるのに合わせて音も次第に大きくなり、自然で快適な目覚めに誘導する。

・超音波でピンポイントの目覚まし音

しかし、光はともかく、音をピンポイントで流すことはできるのか、と不思議に思う読者もいるかと思う。これは、超音波活用のパラメトリック・スピーカーを使うことで可能にしている。

超音波のビームに乗せて音楽をユーザーに流し、このビームの角度が少しでもそれると音は小さくなる。そして、ビームが当たっていない隣のパートナーには音は聞こえないのだという。

実際、デモビデオでその様子が確認できるが、ビームがユーザーの顔を少し外れると音はかなり小さくなる。

・違う時間での目覚まし設定も

起床時間などの設定はアプリで。ベッドのどちら側に寝るかを入力し、あとは目覚まし音の種類やボリューム、明るさ、スヌーズなどを設定する。もちろん、1つのベッドで眠る2人がそれぞれに違う起床時間を設定して活用することも可能だ。

先に述べたようにWakēはセンサーを内蔵していて、ユーザーが起き出すのも感知するので、起きてからアラームをオフにする必要はない。

まさに新タイプのこの目覚ましガジェット、現在、資金調達サイトKickstarterでキャンペーンを展開中で、249ドルの出資で入手できる。パートナーの目覚まし音問題を抱えている人は検討してみてはいかが。

Wakē/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP