ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やっぱり朝が鍵だった。世界7人の成功者が、起きてから必ずする習慣とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界に革新を与え、未来を創造し続ける起業家やCEO・・・。

超多忙・超過酷な日々をおくる世界の成功者たちは、「早起き」を毎日の習慣に取り入れている。彼らは人より早く起きて一体何をしているのでしょうか?

今回は、誰もが知っているだろう、7人の成功者の朝の日課に迫ります!それぞれが朝実践していること、実践している人を順に記載して紹介していきます。

01.
5:30に起きて瞑想
ジャック・ドーシー
Twitter創業者

今や私たちの生活に浸透しているTwitterの共同創設者兼会長のジャック・ドーシーの朝の習慣:

朝5時30分に起床して瞑想をする。その後、6マイル (約9.6キロ)のジョギングを実施してから仕事にいく。

瞑想は集中力を高めたりストレスを軽減する効果があり、彼以外にも多くの有名人が実践しているそう。朝の瞑想が、成功の鍵を握っているのかもしれません。

02.
一秒も無駄にしない
マーク・ザッカーバーグ
Facebook創業者

FacebookのCEOマーク・ザッカ―バーグの朝の習慣:

一晩中仕事をしていない日は8時に起床し、服を決めるために時間を無駄にしないように、毎日同じTシャツを着る。

1秒も無駄に生きないという姿勢には、脱帽。

03.
最高の朝食を用意する
サイモン・コーウェル
American Idle/X Factor審査員

人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」や「The X Factor」の辛口審査員として有名なサイモン・コーウェル 。

プロデューサーとしてレオナ・ルイス、スーザン・ボイル、ウェストライフなど、数々の有名アーティストを世に送り出した彼の朝の習慣は:

毎日決まった朝食 (レモン入りホット・ウォーター、ライム入りパパイヤジュース、オートミール、紅茶、スムージー3杯)が用意できるまで、目覚まし時計のスヌーズボタンを2回押す。

「次の朝、起きることを楽しみにできるようにする」というコーウェル氏。特別な朝の日課ではないけれど、とてもポジティブな朝の過ごし方ではないでしょうか。

04.
ベッドの上で午前を過ごす
ウィンストン・チャーチル
英国首相

第二次世界大戦で英国を勝利に導いた、最も有名な英国の政治家の1人であるチャーチル元首相の朝の習慣:

毎朝7時30分に起きて11時頃まで、ベッドで全ての仕事を行う。ベッドの上で朝食を食べ、メールの確認をし、新聞を読み、秘書に指示を出す。

午前中はベッドの上だけで過ごす・・・少し羨ましい習慣です。

05.
家族と朝食を食べる
バラック・オバマ
米国首相

米国のリーダーであり、世界のリーダーとも言えるオバマ大統領の朝の習慣:

朝6時45分にエクササイズをし、新聞を読む。そして家族全員で一緒に朝ごはんを食べるのを日課にしている。

朝のエクササイズに加え、家族と一緒の朝食。真似したくなるような、とても充実した朝の過ごし方を実践しています。

06.
毎朝、鏡の前で語りかける

スティーブ・ジョブズ
Apple 創業者

アップル社の創立者で絶大的なカリスマ性を持ち、世の中に数多くの革新的な製品を送り出した故スティーブ・ジョブズの朝の習慣:

毎朝鏡の中の自分に、「もし今日が人生の最後の日だとしたら、今日しようとしていることを本当にするだろうか?」と問う。

「しない」と答える日が続いたら、変えるべきことがあると気付けるから・・・。なんとも奥が深い。

07.
1時間テニスをする
アナ・ウィンター
ヴォーグ編集長

ファッション雑誌「ヴォーグ」の編集長で、映画「プラダを着た悪魔」の鬼編集長のモデルとなった人物と言われる彼女の朝の習慣:

夜明け前に起床し、1時間テニスをする。そして、9時までに出勤。

夜明け前に起床し、そして運動をする。さらに、テニスを1時間した後にヘアスタイリストを呼びトレードマークのボブヘアをセットしているとか。時間がなくても身だしなみには細心の注意を払っているとか。

7人の成功者の朝の時間の使い方はそれぞれ。あなたも、自分にあった朝の日課をあなたも見つけてみませんか?

Reference:Just something

関連記事リンク(外部サイト)

デキる人は知っている!毎日を楽しくするため、週末にするべき「10のコト」
匂いも、出会いもたまんない!私が電子書籍より「紙の本」を愛する14のワケ
「賢さは生まれつきの才能だが、 優しさは選択である」。Amazon創業者、ジェフ・ベゾスが卒業式で語ったスピーチ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP