ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドラマ主演木村拓哉 6才子役との交流に「只者じゃない」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 木村拓哉(42才)が父親役に挑戦する『アイムホーム』(テレビ朝日系・4月16日スタート)。事故によって過去5年間の記憶を失った男が自分探しをするミステリー・ホームドラマだ。4月6日には制作発表が行われたが、そこでは意外なシーンが…。取材した記者を含めた女性記者3人による緊急座談会を開催!

 * * *
A記者(以下:A):ついこの間、新年を迎えたと思っていたのに、気づけばもう4月…。

B記者(以下:B):このスピードで年を重ねていくのかと思うと、ゾッとしちゃう。

A:昨日まで咲いてた桜も、気づけば葉桜に…。時代に取り残されていっちゃうんじゃないかと不安になっちゃう。

C記者(以下:C):時代に取り残されないためにも、今クールのドラマは必見ね。

B:強引に入れ込んでくるわね、その情報。

C:そりゃそうよ、おススメしたいドラマが沢山あるんだもん。

A:個人的にもキムタクの主演ドラマが気になる~。

B:だってパパ役でしょ。

C:『アイムホーム』ね。キムタクは記憶が消滅した父親役を演じるの。

A:普通のファミリードラマのパパ役じゃなくて、影があるパパってわけね。

C:まっ、そういうことかな。会見でキムタクのパパぶりが垣間見れて…。きっとイクメンなんだろうな!って思った。

B:どんな風に?

C:キムタクの子供役として出る子役の來(らい・6才)くんも会見に登壇したんだけど、ステージでは來くんの椅子も用意してあったのに、キムタクの右膝に座ったの。

A:來くん自ら!?

C:会見前に二人のやり取りがあって、キムタクの膝の上がいいって言ったからそうなったみたいなんだけど…さっと抱き上げて、右膝に座らせる一連の所作が、只者じゃなかったわよ。

B:只者じゃないって…。

A:何となくわかる。子供に慣れてない人の抱き方とか、座らせ方ってどこかぎこちないから、子供も居心地悪くてぐずっちゃうのよね。

B:さすがに子役だからぐずることはないと思うんだけど、長時間その体制でいるのって辛いわよね。

C:そうそう。自ら降りたがると思うんだけど、キムタクが「右足が痺れてきた」って言ってても降りなかったもん。

A:さすが。6才の子役さんにそこまで気は使えないわよね…。

C:それはそうだけど、それだけキムタクの右膝が座りやすかったってことじゃない。

B:確かに。

C:それだけじゃなくって、來くんの目線に合わせて話をしたり、会見中に心理テストをやったんだけど、來くんにわかりやすく説明したり…それが本当に自然でわざとらしくないのよ。

A:経験があるからこそ、気負うことなくできる動作ってわけね。

C:二人を見てたら、キムタクってイクメンなんだろうな…ってしみじみ思っちゃった。

B:來くんのお母さん役が上戸彩ちゃんなんでしょ。

C:そう! また彩ちゃんとの絡みが、自然体。イチャイチャしてるようにも見えるんだけど、いやらしくないから、ファンの人達も微笑ましく眺めてた。

A:会見の様子をテレビで見たんだけど、2人で左指の結婚指輪を見せていたわよね。

B:ドラマだからこそ出来るそのポージング。

C:それすごく新鮮だったよ(笑い)。

A:見たいような、見たくないような…。

B:どちらにしても、やっぱりキムタクって気になっちゃうスターってことよね。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
木村拓哉と長瀬智也 「最終的にカッコイイ」と20代男性支持
駐車券を口に挟みドヤ顔バックで駐車! 木村拓哉なりきり夫
長野県塩尻市内の小中学校の給食が商品化「キムタクごはん」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP