ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

著名歌人の短歌を取り上げ解説しながら人生を語るエッセイ集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『人生の節目で読んでほしい短歌』永田和宏/NHK出版新書/820円+税

 若山牧水、斎藤茂吉から俵万智、そして著者自身による計100首以上の短歌を取り上げ解説しながら人生を語るエッセイ集。大きなテーマは若き頃、充実期、老いた後の3つ。それぞれ恋愛、労働、死別など、誰もが体験する場面を歌った秀歌が紹介される。

※週刊ポスト2015年4月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
角田光代と穂村弘が本音を語り疑問を投げかけ合うエッセイ集
青春時代に女性の話…椎名誠の20年間のエッセイが一冊に
誰もが避けられぬ「老い」について日本映画を通して考えた本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP