ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キー局の40代P 上重アナ利益供与問題に「頭も筋肉なのか」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本テレビ・上重聡アナウンサー(34)が靴販売の最大手チェーン・ABCマートの元会長・三木正浩氏の資産管理会社名義の高級車・ベントレーを乗り回していた上に、1億7000万円相当の港区の超高級マンションをABCマートの関連会社の役員から購入。購入資金は三木氏から無利子で借りたとされる問題は、日テレ内部のみならず、テレビ業界を震撼させた。

 これが「上重アナの個人的な問題」で終わるとは言い切れない。古くから、コネや癒着、キックバックなどの問題が絶えない業界だけに「上重だけじゃない」との声が上がっているのも当然だろう。そこで、テレビ関係者を集めて緊急座談会を実施した。出席したのは某キー局の40代の男性ベテランプロデューサー・A氏と、同じく40代男性アナウンサー・B氏、そして30代の制作会社男性スタッフ・C氏である。

プロA:しかし、上重には驚いたね。これはアナウンサーの利益供与というより、プロ野球選手とタニマチの関係だよ。PL学園の時からずっとエースとしてブイブイいわせてきて、立教大学では完全試合もやった男だからね。“スター選手”気取りが抜けないんだろう。

アナB:日テレに内定する前も、各社が水面下で争奪戦をやってた“ドラフト組”だ。彼の気を引こうと学生時代にゴルフセットをプレゼントしたキー局関係者がいたという噂も流れたほど。会社に頭を下げられたことはあっても、下げたことはないんだろうね。だからあんなことができるんでしょう。

制作C:やっかみもあるし、態度のデカさも有名だったから、局内にも敵が多かったそうです。今回の件は、近しい人間によるチクリ(密告)だったんじゃないかと見ている関係者は多いですよ。

プロA:とにかく今回の件はバカ丸出し。テレビマンなら少なからず“ごっつぁん”してるもんだけど、あんなに露骨にやるヤツはいない。頭の中も筋肉でできてるんじゃないか(笑い)。

アナB:みんなやってる、っていうのは承服できない。僕は後ろめたいことは何もないですよ。アナウンサーの場合、プロデューサーのAさんみたいに経費が自由に使えない不自由さがある。いろんなやり方で小銭を稼ごうとするヤツはいますよ。

制作C:Bさんは特別なんじゃないですか(笑い)。上重さんが問題になると、テレビ東京の大江麻理子アナ(36)が、今でも『ワールドビジネスサテライト』(WBS)のキャスターをやってるのはマズイってことになっちゃいません? 旦那はマネックス証券社長の松本大さん。日本経済に少なからず影響のある番組ですから、番組との関係をどうこういう人も出てくるかもしれません。そういうことにテレビ界は神経が行き届いていない。

アナB:それは正論だね。だけど今回の座談会の主旨とは違うんじゃないの(笑い)。僕が知る限り、普通の女子アナたちはせせこましい役得をゲットするのに必死だよ。

※週刊ポスト2015年4月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
上重聡アナ含め松坂大輔と戦った高校球児の10年後を追った書
東海テレビ入社の本仮屋リイナ「すぐ辞めるのでは」と局内評判
水嶋ヒロの姉は「キレイなお姉さん」だった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP