ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鈴木保奈美 「みだりに晒さない」アラフィフのナマ脚ルール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女の子たちのふんわりスカートから伸びた素肌も、春の到来を告げる風物詩のひとつ。「まだ肌寒いのにナマ脚なんて若い…」とつぶやきながら、ふと、何才まで許されるのかしらと考える。年を重ねるごとにナマ脚を晒すことへの戸惑いが大きくなるのは、悲しいけれど現実のこと。

 そんななか、鈴木保奈美(48才)が雑誌『GOLD』4月号に綴ったエッセイが話題を呼んでいる。

 春分の日、保奈美の自宅に遊びに来た同年代の友人(化粧品会社のプレスだという)は、ミニワンピにナマ脚サンダル姿だったという。

〈会社の中は暖かいんだよね(略)って言うけど、四十過ぎたら足冷えますから。季節の最先端を行くのも大変〉

 と感想を漏らしつつ、

〈近頃、私の素足の解禁日は遅くなる一方だ。ヌケ感の演出にかかせない「足首見せ」だけど、冷えには勝てない〉

 と告白。さらに大河ドラマで共演していたような20代の女優たちがナマ脚を見せるのは許されるが、

〈年増の素足はみだりに晒してはいけない〉と持論を展開する。

 といいながらも、保奈美も真夏にはさすがにサンダルを履くため、ナマ脚を披露せざるを得ないという。しかしその準備は怠らない。

〈スクラブしてクリームを塗り込んで、甘皮をカットしてペティキュアで目眩ましして、すべすべOK、と万全の自信が持てなきゃ外出できない〉

 保奈美ですらここまでしなければいけないナマ脚ライフ――。一般のアラフィフ女性はどうすればいいのか。ファッションプロデューサーの植松晃士さんのアドバイスは…。

「膝下全体が乾いてくるのは年齢的なものなので、ボディークリームやオイルで乾燥させない、ツヤを出すのがまず第一歩。虫刺されあとなど色素沈着しているところは、コンシーラーやBBクリームなどでお肌のトーンを均一にカバーしておくことがオススメ。また、足先が出るサンダルや靴の場合、必ずペディキュアをする、エナメルを塗るのが大事。爪を塗らないのは下着をはかないっていうのと同じくらい油断していることになりますよ。スカートをナマ脚で着こなすには日々スクワットなどして膝の上に皮がたるまないようにすると若々しくなります」

 少々ハードルは高いけど、真夏に向けて今から足元の季節支度を!

※女性セブン2015年4月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
新婚・梨花 ワンピのスリットから「美しすぎるナマ脚」露出
中谷美紀の白くて柔らかそうなナマ脚に悶えちゃいますね
鈴木保奈美 本格女優復帰のため都心の高級マンションに転居

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。