ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大都会・新宿で、伝統の江戸東京野菜を使用した料理が味わえるレストラン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月8日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、毎週月~木曜午前9時28分)、「なないろリサーチ」のコーナーでは「花で楽しむ公園BEST3」と題して、タレントの乾貴美子さんと自然科学系ライターの岩槻秀明さんが「レストランゆりのき」(東京都新宿区)を訪れた。

 同店は、広大な敷地の新宿御苑に併設されたレストラン。江戸時代から伝わる伝統野菜が食べられる。乾さんは江戸東京野菜を使った「里帰り御膳」(1500円 税込み)を注文した。みそ汁の具材には「伝統小松菜」「亀戸大根」「馬込三寸人参(にんじん)」「砂村一本ネギ」という旬の江戸東京野菜が使われている。「なま酢」にも同様に江戸東京野菜を使う。

 みそ汁の小松菜を食べた乾さんは「苦みもあって、すごい歯ごたえもあって、シャキシャキしていておいしい」と評した。そして「なま酢」を食べ「漬けてあっても野菜の新鮮さがよく分かりますね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:レストランゆりのき(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:新宿のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:新宿×カフェ・スイーツのお店一覧
ローストビーフがてんこ盛り! 長い行列の先にある激うま「ローストビーフ丼」
高田馬場でミャンマーの代表的な料理「チェッターアルヒン」が味わえる店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP