ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

振分親方も大満足! ポン酢を使わず、だしで食する「ふぐスキ鍋」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

4月5日放送の「石ちゃん&振分親方のご当地グルメとりわけ旅」(テレビ朝日系、日曜午後1時55分)では「春の大阪!くいだおれスペシャル」と題して、タレントの石塚英彦さんと大相撲元高見盛の振分親方が「季菜夢 せと」(大阪府大阪市)を訪れた。

 日本橋駅から徒歩5分、大阪の食通の間では知られた食事どころだ。今回、2人に提供された「ふぐスキ鍋(おすまし仕立て)」(6000円 税抜き※要予約)は、ポン酢ではなく、利尻昆布と花がつおでとっただしでふぐを炊き、だしで食するのが特徴だ。ふぐ本来の味が堪能できると評判になっている。ほかにふぐの湯引き、刺し身、しゃぶしゃぶが付くコースで、締めは雑炊だ。

 「ふぐすき鍋」を食した振分親方は「あー! これどういう味付けなんですか? さっぱりしているのに、味がじわじわってボディブローのように来ます。本当においしいです。ポン酢じゃない分、変に薄まらないでだしで食べるから、ふぐの一番いい食べ方じゃないでしょうか」と評した。続いて食した石塚さんは「いい味でてるー! まいう~! あーこれはまいう~っすね、この透明感の中にこんなに忙しいコクが潜んでたんですね!」と満足した様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:季菜夢 せと (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:道頓堀・宗右衛門町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:道頓堀・宗右衛門町×和食のお店一覧
ローストビーフがてんこ盛り! 長い行列の先にある激うま「ローストビーフ丼」
高田馬場でミャンマーの代表的な料理「チェッターアルヒン」が味わえる店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。