ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】脳にダメージがある6つの食品が判明! 脳に良い15の食品も判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「MIND食事法がアルツハイマーの発症率を5割も下げるよ!」というデータ(英文)がおもしろかったのでメモ。

・認知機能がおとろえる確率低下
これはラッシュ大学の調査で、58〜98才の男女923人を4年半にわたって追跡しまして、食事と認知機能の関係を調べたんですね。すると、脳にいい食品をメインにした「MIND食事法」を実践した人は、認知機能がおとろえる確率が53%も下がったとか。

・かなり良い成績を出しているメソッド
MINDは「神経細胞の死を防ぐための地中海式&DASH食事法による介入(Mediterranean-DASH Intervention for Neurodegenerative Delay)」の略。地中海式ダイエットは野菜、果物、オリーブオイル、魚介類を豊富にとる食事法で、過去の研究でもかなり良い成績を出しているメソッドですね。

・健康効果が高いと言われる手法
また、DASHダイエットは、高血圧治療のために生まれた方法で、飽和脂肪酸を減らして野菜と魚介を増やすのがポイント。これまた健康効果が高いと言われる手法であります。この2つを組み合わせた「MIND食事法」がオススメする15の食品は以下のとおり。

・脳に良い15の食品
緑黄色野菜
淡色野菜
ナッツ
ベリー類
豆類
全粒穀物

鶏肉
オリーブオイル
ワイン

・脳にダメージがある6つの食品
バター
マーガリン
チーズ
お菓子
揚げ物
ファストフード

・脳に良い具体的な食事法
1日に250gの野菜を食べる
1日にグラス一杯のワインを飲む
1日に16gのナッツを食べる
1日に48gの全粒穀物を食べる
豆類を毎日食べる
週に2回は鶏肉とベリーを食べる
週に1回は魚を食べる

・ブルーベリーはもっとも脳を守る効果が大きい
このなかでも効果が高いのがブルーベリーだそうで、研究者いわく、「ブルーベリーは、もっとも脳を守る効果が大きい食品の1つだ。過去の研究によれば、イチゴも認知機能を守るために働く」とのこと。

・やっぱりブルーベリーは最強という結論
パレオダイエッターとしては、豆と全粒粉の摂取量が多いところが気になりますが、加工食品も完全にはぶいて野菜や魚を大量にとるのは大賛成。あと、やっぱりブルーベリーは最強という結論ですなぁ。

執筆: Yu Suzuki http://yuchrszk.blogspot.jp
もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/04/13/nou-2/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP