ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スポンサーはTVタブー 過去に乱一世やみのもんた発言が波紋

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 政治家やタレントなどの失言が世間で問題になることはよくある。そのなかには、あくまでテレビ独特のルールに反したということでタブー扱いされたものも少なくない。NHKを除く民放各社が、政治以上に気を使うタブーは番組にCMを提供する「スポンサー」である。民放にとってはスポンサーこそが、資金を提供してくれる顧客なのである。それゆえに、視聴者にとっては何でもない発言が、スポンサーに抵触して大問題になることがある。

 1997年8月、深夜の情報番組『トゥナイト2』(テレビ朝日系)のレポーターの乱一世は、CMに入る直前、「この2分間にトイレに行かないと大変なことになります」と発言。これにより、乱一世が番組を降板するのみならず、番組担当の取締役が減俸、プロデューサーは業務停止処分が下される一大事となった。

 いったいこの発言の何が問題だったのか。CMを提供し、番組を成り立たさせているスポンサーを軽視する姿勢が重大な問題とされたのである。視聴者にとってはCMより番組だろうが、スポンサーにとってはCMを見てもらわなければテレビ局に広告費を払う意味がない。だからこそこの発言は、発言した本人にとどまらない不祥事となったのだ。

 よりわかりやすい例が、みのもんたのケースである。2005年6月3日の『朝ズバッ!』(TBS系列)で、「皆さん、ビオフェルミンなんてお飲みになってるじゃないですか、胃腸薬。だったらビールを飲んだ方がいいくらい」と発言した。

 いつもの「みの節」とお茶の間は聞き流していたはずだが、奇遇なことに当時、ビオフェルミン製薬は番組スポンサーだった。みのは放送の3日後には番組内で謝罪し、番組ホームページ上にも訂正文が掲載された。だがそうした対応があってもなお、発言から5日後にはビオフェルミン製薬がスポンサーを降板することとなった。

※SAPIO2015年5月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高須克弥院長 「明日ママ」のCM自粛は制作者にとっても屈辱
『帰れま10』広告主の評判よくTVマン、類似番組期待される
澤穂希のなでしこ続行発言の裏には「大人の事情」ありとの噂

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP