ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大河主演の井上真央 オフの日は浅草寺散歩と平成中村座観劇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月最初の土曜日、東京・浅草にある浅草寺の桜は、燃えるように咲き誇っていた。

 そんな桜をひと目見ようと、いつも以上の観光客が押し寄せていたが、その人混みのなかにNHK大河ドラマ『花燃ゆ』に出演中の井上真央(28才)がいた。カジュアルなデニムスタイルの井上は、黒縁めがねに黒いキャスケットを目深にかぶっていたこともあり、周りに気づかれることなく、友人と一緒に浅草ぶらりを楽しんでいた。

「その日、井上さんは、3年ぶりに復活した『平成中村座』を見に行ったそうですよ」(芸能関係者)

 中村勘三郎さん(享年57)が始めた芝居小屋を引き継いだ『平成中村座 陽春大歌舞伎』は1日に開幕したばかり。

 今回は勘三郎さんに代わって、長男・勘九郎(33才)と、次男・七之助(31才)が公演を取り仕切る。初日に開幕を知らせる一番太鼓の儀式に出席したふたりは、それぞれこんな意気込みを語っていた。

勘九郎「これまでは、父がいたので一番太鼓をここで聞くのは初めて。パワーをいただいた。うれしい気持ちでいっぱい」

七之助「父も喜んでいると思いますが、舞台の内容がよくないとまた怒られると思う」

 井上は、中村家とも関係が深い。

「井上さんと七之助さんは昔からの友人で、彼の出演している歌舞伎はどんなに忙しくてもほとんど見に行っているんですって。七之助さんの女形は、立ち居振る舞いや言葉遣いが美しいですから、“勉強になる”って話していたこともありました。

 特に前回の中村座では、井上さんがNHK朝ドラの『おひさま』で共演して以来、“お父さん”と慕う串田和美氏が演出を手がけたこともあって、中村一家とはかなり親しくなったそうですよ」(テレビ局関係者)

※女性セブン2015年4月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松田龍平 堀越の同級生松潤のため電車で埼玉のコンサートへ
中村勘三郎 松潤のお陰で息子が高校卒業したと寿司店で感謝
NHK大河『花燃ゆ』 撮影現場で感動呼ぶ井上真央マジック発生

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP