ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スポーツがゆかりのマンホール 広島カープや横浜マリノスも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本全国に約1400万基もあるといわれるマンホール。道を歩いていても地味で目立たない存在だが、実は全国各地の景勝地や名産品をデザインしたカラフルな「名作」がたくさんある。『デザインマンホール100選』(池上修、池上和子著・アットワークス刊)から、日本全国の「スポーツ」がテーマのカラフルでオリジナリティ溢れるマンホールを紹介しよう。

■広島県広島市の「カープ坊や」マンホール
 球団マスコットをデザイン。マツダスタジアム周辺に設置されている。紅葉で広島らしさを演出。

■神奈川県横浜市の「マリノス君」マンホール
 横浜F・マリノスのマスコットが新横浜駅から日産スタジアムまでの道案内をしてくれる。

■沖縄県宮古島市の「トライアスロン」マンホール
 毎年4月開催の全日本トライアスロン宮古島大会をデザイン。市中心部に約10年前から設置。

■大阪府東大阪市の「ラグビー」マンホール
 近鉄東花園駅からラグビー場に向かう「スクラムロード花園」周辺に設置されている。

※週刊ポスト2015年4月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
面白マンホール 長崎の出島、広島の村上水軍、愛媛の闘牛
地域の歴史反映するマンホール やせがえるやホタルイカ漁等
ご当地マンホール 青森はねぶた、岩手は海女、群馬館林は狸

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP